過去の記事一覧

  • マシントレーニングについて

    マシントレーニングの利点は、第1に安全性の高さとフォーム習得のしやすさにあります。マシンはそれぞれ個別の筋肉を効率よくトレーニングできるように設定されています。特定の動きに沿うようにレールなどで軌道が固定されてい…
  • パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例えばダンベルで80%1RMの重さを持ち上げるとしたら、たいていの人は8~10回程度挙げることができますがそれ以上はかなり…
  • クールダウンについて

    筋力トレーニング終了後のクールダウンは決して欠かせません。その理由は血流に大きく関係しています。血液は心臓の働きで全身をくまなく循環しています。まっすぐ立っている状態のとき、血液は重力に逆らいながら心臓に戻っ…
  • 効果的に筋肉を発達させることについて

    効率的に筋肉を発達させていくには、トレーニング後の筋肉の回復をどう早めるかというのが大きなポイントの一つになります。負荷をかけることで筋サテライト細胞が作用し、筋肉を発達させていきます。筋サテライト細胞の主要な抗…
  • 体幹トレーニングについて

    体幹は、体全体から頭と手足を除いた胴体の部分になります。体幹筋とはその部分にある筋肉で、身体を動かしたり、姿勢を支えてバランスをとる役割をします。具体的には、腹部を曲げる時に使う腹直筋や外腹斜筋、内臓を支える腹横…
  • ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激すると、効率よく温まります。筋肉の温度…
  • 筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。骨格筋は、運動神経から脳の命令を伝える信号を受けて動いていますが、トレーニングを始めた頃は、運動神経に支配される筋…
  • 大きい筋肉を鍛える事について

    ベンチプレスをする時、足でしっかり踏ん張るように、大腿筋は下半身を安定させ上体を支えるという重要な働きをしています。また、ジャンプしたりボールを投げたりなども、実は大腿筋が起点となって手足などの末端に力を伝えています…
  • 運動能力を高める事について

    速筋・遅筋の割合は変えることができなくても、日常的なトレーニングを続けることで、速筋・遅筋それぞれの筋線維を太くし、パワーを高めることができます。中でも筋力トレーニングは、速筋を鍛えるのに有効なトレーニングになります…
  • 筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。どの部位の筋トレでも強い力を込めるとお腹に力が入ります。これは体幹を固定しようとするためです。体の中心…

過去の人気記事

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-5-19

    かつおぶしに注目!!

    近年では、ダイエットのための低脂肪食品や高栄養価の食品などさまざまな食品が作られています。そ…

ピックアップ記事

  1. 脊柱の疾患にはさまざまなものがありますが、その中の1つに「後縦靱帯骨化症(OPLL)」という疾患があ…
  2. 箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  2. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  3. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  4. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  5. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
ページ上部へ戻る