過去の記事一覧

  • 筋肥大について

    筋肉を大きくしたいのか、筋力アップをしたいのか、筋力トレーニングをする人によって目的は異なってきます。そうした目的毎に、負荷・回数・インターバル・セット数といった条件も変わってきます。筋肉を大きくする筋肥大を目的…
  • トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでしまう場合があります。このように一時的、または永続的にトレーニングをやめることをディトレーニングといいます。…
  • 有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一方、ウォーキングなど酸素を取り込みながら続ける運動は有酸素運動といいます。マラソンのように長時間運動を続けられる…
  • オールアウトについて

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です、最終的にこれ以上動かすことができないというギリギリの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態をオールアウトと呼…
  • 瞬発力の速筋と持久力の遅筋について

    筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできていて、筋線維の収縮によって身体を動かしています。この筋線維は得意とする動きによってタイプがあります。瞬間的に大きな力を発揮できる筋線維と、力は小さいですが持久力に優れた筋線…
  • トレーニングの順序について

    筋力トレーニングを行う際、順番は大きい筋肉を優先して行った方がいいです。大きな筋肉を動かすためには、体力的な負担が大きくなります。筋力トレーニングはそれぞれの筋肉の限界まで負荷をかけて行いますが、先に末端の筋力ト…
  • プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。この…
  • ウォーミングアップに適した運動について

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、トレーニングする筋肉を使ったエアロビクス体操、有酸素運動が最適と言われています。特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激する…
  • 筋トレをすると太りにくくなる

    仕事や運動で活発に動いているならともかく、家でゴロゴロしていてもお腹がすきます。特に運動しているわけでも特に運動をしているわけでもないのにスマートな体型を維持できている人は太りやすい人とどこが違うのでしょうか。…
  • 超回復を促すために必要な食事と睡眠について

    超回復のための休息時間ですが、そのタンパク質の合成に使われる24〜48時間が適しています。トレーニング内容や筋肉の部位、個人差によっても必要とする休息時間は異なりますが、少なくともトレーニングをしたら丸2日以上は身体…

過去の人気記事

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…

ピックアップ記事

  1. 「小さいころ大きな事故にあった」、「小学校の頃に面白い先生がいた」など、例を上げればキリがないですが…
  2. 加齢に伴う筋力の低下は、身体活動量の低下をもたらすだけでなく、脂肪蓄積量や骨吸収を増加させます。…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  2. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  3. 2015-1-16

    ブルーベリーは眼に良いか

    PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。目…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
ページ上部へ戻る