過去の記事一覧

  • 筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす事が出来ないというぎりぎりの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態を「オールアウト…
  • 習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要があります。動作中はメインの筋肉の周りの筋肉や体幹筋、関節などにも大きな刺激を与えることができ、いろいろな筋肉を…
  • 筋肥大について

    筋肉を大きくしたいのか、筋力アップをしたいのか、筋力トレーニングをする人によって目的は異なってきます。そうした目的毎に、負荷・回数・インターバル・セット数といった条件も変わってきます。筋肉を大きくする筋肥大を目的…
  • トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでしまう場合があります。このように一時的、または永続的にトレーニングをやめることをディトレーニングといいます。…
  • 有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一方、ウォーキングなど酸素を取り込みながら続ける運動は有酸素運動といいます。マラソンのように長時間運動を続けられる…
  • オールアウトについて

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です、最終的にこれ以上動かすことができないというギリギリの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態をオールアウトと呼…
  • 瞬発力の速筋と持久力の遅筋について

    筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできていて、筋線維の収縮によって身体を動かしています。この筋線維は得意とする動きによってタイプがあります。瞬間的に大きな力を発揮できる筋線維と、力は小さいですが持久力に優れた筋線…
  • トレーニングの順序について

    筋力トレーニングを行う際、順番は大きい筋肉を優先して行った方がいいです。大きな筋肉を動かすためには、体力的な負担が大きくなります。筋力トレーニングはそれぞれの筋肉の限界まで負荷をかけて行いますが、先に末端の筋力ト…
  • プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。この…
  • ウォーミングアップに適した運動について

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、トレーニングする筋肉を使ったエアロビクス体操、有酸素運動が最適と言われています。特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激する…

過去の人気記事

  1. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  2. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…

ピックアップ記事

  1. 突然ですが、皆さんは一日の中で、どのくらい野菜を食べていますか?野菜は摂りたくない!という方…
  2. そもそもプリン体とは何なのでしょうか?実は、プリン体とはDNAを構成する物質なのです。…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  3. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
  4. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  5. 2015-1-31

    違和感を考える。

    身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。この『違…
ページ上部へ戻る