過去の記事一覧

  • トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでしまう場合があります。このように一時的、または永続的にトレーニングをやめることをディトレーニングといいます。…
  • 有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一方、ウォーキングなど酸素を取り込みながら続ける運動は有酸素運動といいます。マラソンのように長時間運動を続けられる…
  • オールアウトについて

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です、最終的にこれ以上動かすことができないというギリギリの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態をオールアウトと呼…
  • 瞬発力の速筋と持久力の遅筋について

    筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできていて、筋線維の収縮によって身体を動かしています。この筋線維は得意とする動きによってタイプがあります。瞬間的に大きな力を発揮できる筋線維と、力は小さいですが持久力に優れた筋線…
  • トレーニングの順序について

    筋力トレーニングを行う際、順番は大きい筋肉を優先して行った方がいいです。大きな筋肉を動かすためには、体力的な負担が大きくなります。筋力トレーニングはそれぞれの筋肉の限界まで負荷をかけて行いますが、先に末端の筋力ト…
  • プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。この…
  • ウォーミングアップに適した運動について

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、トレーニングする筋肉を使ったエアロビクス体操、有酸素運動が最適と言われています。特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激する…
  • 超回復を促すために必要な食事と睡眠について

    超回復のための休息時間ですが、そのタンパク質の合成に使われる24〜48時間が適しています。トレーニング内容や筋肉の部位、個人差によっても必要とする休息時間は異なりますが、少なくともトレーニングをしたら丸2日以上は身体…
  • マシントレーニングについて

    マシントレーニングの利点は、第1に安全性の高さとフォーム習得のしやすさにあります。マシンはそれぞれ個別の筋肉を効率よくトレーニングできるように設定されています。特定の動きに沿うようにレールなどで軌道が固定されてい…
  • パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例えばダンベルで80%1RMの重さを持ち上げるとしたら、たいていの人は8~10回程度挙げることができますがそれ以上はかなり…

過去の人気記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…

ピックアップ記事

  1. 2015/4/8

    皮脂の役割
    皮脂はいわゆる毛穴にある皮脂腺という器官から分泌されます。その成分も細胞間脂質には含まれない…
  2. 仕事や学業に就いていると当然疲労がたまってきますよね。休んでも休んでも疲れがとれないというよ…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
  2. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  3. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  4. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  5. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
ページ上部へ戻る