過去の記事一覧

  • クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切です。その理由は血流に大きく関係しています。血液は心臓の働きで全身を循環しています。まっすぐ立っ…
  • パワーについて

    筋力トレーニングは、筋肥大や筋力アップだけではなく、パワーを高める目的でも有効に活用できます。パワーとは、一定の時間内に行われた仕事という意味です。学術的に「パワー=筋力×スピード」と定義されています。筋力に…
  • 筋力アップについて

    筋力アップを目的とする場合は、また違った条件の設定が必要になります。数セットのウォーミングアップをしたら、85%1RM(6RM)以上の高負荷を用いられます。反復回数は全力で1〜5回です。2〜5分間のインターバ…
  • フリーウェイトについて

    フリーウェイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければいけなく、身体を安定させつつ力を発揮する必要があります。動作中はメインの筋肉の周りの筋肉や体幹筋・関節などにも大きな刺激を与えることができて、いろいろな筋肉を強…
  • 筋力トレーニング中の呼吸について

    息を正しく吐くことは大切ですが、そればかり意識しすぎて息を吸い込むことをおろそかにしてしまうと、酸欠になってしまいます。筋力トレーニングではウエイトをあげる動作をポジティブ動作、逆に下ろす動作をネガティブ動作と言いま…
  • ジョギング後の筋力トレーニングについて

    筋力トレーニングとジョギング、どちらを先に行うべきか、普通に考えればどちらでも良いような気がします。まず筋力トレーニングをすると体内にアドレナリンが分泌されます。アドレナリンには体脂肪を分解する働きがあり、体脂肪…
  • クールダウンについて

    クールダウンを怠ると悪影響があります。クールダウンは筋力トレーニング後の必須事項としてやっていく必要があります。筋力トレーニングは非常に強度が強い運動なので、トレーニング終了後はジョギングなどの有酸素運動を行うと…
  • 加圧トレーニングについて

    筋肉の血流が低下すると低酸素の状態になり、疲労物質である乳酸などが蓄積しやすくなります。すると体はその状態を改善しようとして成長ホルモンの分泌を促したり、筋線維を成長させる様々な因子にも変化がおきます。つまり、悪…
  • スロートレーニングの大切なポイントについて

    スロートレーニングには、いくつかの重要なポイントがあります。これらのポイントをしっかり抑えた上で、行わなければ効果が期待できません。まずスローという名前の通り、ゆっくりいと運動を行うことが非常に大事なポイントです…
  • 自重トレーニングのデメリットについて

    ただ、ボディービルダーのように筋肉を発達させたり、高い瞬発力が必要な特定の競技で好成績を出すことを目的とした場合、筋力トレーニングを自重トレーニングで補うのは難しいです。自重トレーニングはその名の通り、自重がウエイト…

過去の人気記事

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…

ピックアップ記事

  1. 最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  2. 胸郭出口とは、鎖骨と第1肋骨の間にある間隙のことで、そこを通る腕神経叢が上肢の運動を支配すべく、手部…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  3. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  4. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  5. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
ページ上部へ戻る