過去の記事一覧

  • 腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つの線維束に分けられます。腋窩陥凹は前部線維束、後部線維束と結合し、下関節上腕靭帯を構成します。これら下関…
  • スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢れる動作あるいはその主体である選手を「パワーのある選手」と表現するとこが多いです。パワーという言葉は日常でもスポ…
  • 加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難にするだけでなく、日常的な生活活動にも障害をきたしてしまいます。筋力は、20歳~50歳代までに約10%低下し、6…
  • 暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗する機会がふえます。すると、同一深部体温あたりの発汗量が増加し、同一発汗量あたりの汗塩分濃度も低下して、発汗機能が…
  • スポーツの場面での「かけ声」の効果

    身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性に働くといわれています。最大努力で力を出す場合には、吸気相から止息相で発揮した値が最も多くなります。上腕…
  • パフォーマンスを向上させる反復練習

    スポーツのパフォーマンスを向上させるためには、そのスポーツに必要なスキルの要素を特に繰り返し練習すると思います。それは、必要なスキルを繰り返し練習し、必要な脳の神経回路を強化する必要があるからです。1日当…
  • 足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。姿勢と足はどんな意味があるのかと思うかもしれませんが、姿勢を考えるにあたって背中以上に注意を向けないといけないのは…
  • 大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るためにあえて大きな力を出させない仕組みがあるのです。筋肉はその端と端に腱という組織で関節をまたいで骨につながっていま…
  • 大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないといけません。体幹側の大きな筋肉ほど回復期間が長いことで知られています。一方、体肢の小さな筋肉になるにした…
  • 筋肉作りに欠かせないアミノ酸について

    筋肉を作る上で、欠かすことができないタンパク質は20種類のアミノ酸からできています。さらに20種類のアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸で分けられます。20種類のアミノ酸は、それぞれ特徴を持っていて筋肉にエネル…

過去の人気記事

  1. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…

ピックアップ記事

  1. 2015/5/12

    老化と認知症
    高齢化社会をむかえようとしている日本にとって、老化問題は大きな問題になってます。その中でも、…
  2. 2015/5/21

    神経発達
    生まれたばかりの赤ちゃんの脳は約400グラムあり、成人の約4分の1である。これが1歳で900グラム、…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  3. 2014-10-6

    レジスタンストレーニングと代謝

    代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎代謝とは、生命の維持に…
  4. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  5. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
ページ上部へ戻る