過去の記事一覧

  • 足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。姿勢と足はどんな意味があるのかと思うかもしれませんが、姿勢を考えるにあたって背中以上に注意を向けないといけないのは…
  • フリーウェイトについて

    フリーウェイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければいけなく、身体を安定させつつ力を発揮する必要があります。動作中はメインの筋肉の周りの筋肉や体幹筋・関節などにも大きな刺激を与えることができて、いろいろな筋肉を強…
  • 筋力トレーニング中の呼吸について

    息を正しく吐くことは大切ですが、そればかり意識しすぎて息を吸い込むことをおろそかにしてしまうと、酸欠になってしまいます。筋力トレーニングではウエイトをあげる動作をポジティブ動作、逆に下ろす動作をネガティブ動作と言いま…
  • クールダウンについて

    クールダウンを怠ると悪影響があります。クールダウンは筋力トレーニング後の必須事項としてやっていく必要があります。筋力トレーニングは非常に強度が強い運動なので、トレーニング終了後はジョギングなどの有酸素運動を行うと…
  • 加圧トレーニングについて

    筋肉の血流が低下すると低酸素の状態になり、疲労物質である乳酸などが蓄積しやすくなります。すると体はその状態を改善しようとして成長ホルモンの分泌を促したり、筋線維を成長させる様々な因子にも変化がおきます。つまり、悪…
  • スロートレーニングの大切なポイントについて

    スロートレーニングには、いくつかの重要なポイントがあります。これらのポイントをしっかり抑えた上で、行わなければ効果が期待できません。まずスローという名前の通り、ゆっくりいと運動を行うことが非常に大事なポイントです…
  • 自重トレーニングのデメリットについて

    ただ、ボディービルダーのように筋肉を発達させたり、高い瞬発力が必要な特定の競技で好成績を出すことを目的とした場合、筋力トレーニングを自重トレーニングで補うのは難しいです。自重トレーニングはその名の通り、自重がウエイト…
  • 筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす事が出来ないというぎりぎりの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態を「オールアウト…
  • 習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要があります。動作中はメインの筋肉の周りの筋肉や体幹筋、関節などにも大きな刺激を与えることができ、いろいろな筋肉を…
  • 筋肥大について

    筋肉を大きくしたいのか、筋力アップをしたいのか、筋力トレーニングをする人によって目的は異なってきます。そうした目的毎に、負荷・回数・インターバル・セット数といった条件も変わってきます。筋肉を大きくする筋肥大を目的…

過去の人気記事

  1. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…

ピックアップ記事

  1. 2015/4/15

    オキシトシン
    この物質は、母乳の分泌を促進したり、子宮を収縮させるホルモンとして古くからしられています。赤…
  2. 皮膚が水を通さないバリア機能を担っているのは、表皮のケラチノサイトが死んで推積してできた角層です。…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  2. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  3. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  4. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  5. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
ページ上部へ戻る