過去の記事一覧

  • 驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあっては、とかく蔑視されがちな存在である。この組織は,白色脂肪細胞,その前駆細胞を含む線維芽細胞,マクロフアージ,…
  • 痛みを作る物質「ブラジキニン」

    痛みの元である発痛物質。その中でも代表的なブラジキニンについてご紹介します。ブラジキニンとは9個のアミノ酸からなるポリペプチドです。発痛物質には、ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンな…
  • 頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされています。死を考えてしまうような痛みといわれ、このことから「自殺頭痛」とも呼ばれています。緊張型頭痛、片頭…
  • 発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大脳皮質には、「ブローカ野(運動性言語中枢)」と「ウェルニッケ野(感覚性言語中枢)」とがあります。ブローカ野を損傷…
  • 運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知されているであろうストレッチ。「運動したあとはストレッチ」というのが当たり前とされています。スポーツの世界…
  • スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環をよくする効果があります。皮膚や筋肉の血行がよくなることによって各組織の代謝が改善され、筋肉の疲労産物を除去してく…
  • 脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア細胞とは、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称のことです。グリア細胞は、神経細胞に栄養を供給し…
  • 免疫機構

    人間の体内では、外から進入してきた病原体を排除するために、さまざまな細胞が働いています。それらの細胞は勝手に動き回っているのではなく、互いに連携をとりながらそれぞれの役割を担い、協力しあって体の防御にあっています…
  • 火事場のくそ力

    馬鹿力を発揮するには神経をオンにしなければなりませんが、これには脳の興奮が重要になってきます。脳が興奮することで、そうでないときよりも筋肉を支配する多くの神経をオンにすることができます。ただし、それがすべ…
  • 薬の処方

    薬の使い方は、大きく原因療法と対症療法に分けることができます。原因療法の薬は、体調を悪化させる原因を取り除く目的で用います。この薬は根本から治す薬ともいえます。原因療法として主に使われている薬の例…

過去の人気記事

  1. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  2. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…

ピックアップ記事

  1. 細胞の化学組成は、生物や細胞の種類によって違いがあります、その違いは主に細胞の物質代謝により…
  2. 梨状筋は、6つの股関節外旋筋の中で最大かつ最重要な筋で、仙骨と大転子の間に位置しています。梨…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2014-11-21

    肩関節の評価の考え方

    肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではない…
  4. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  5. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
ページ上部へ戻る