過去の記事一覧

  • 痛みを作る物質「ブラジキニン」

    痛みの元である発痛物質。その中でも代表的なブラジキニンについてご紹介します。ブラジキニンとは9個のアミノ酸からなるポリペプチドです。発痛物質には、ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンな…
  • 頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされています。死を考えてしまうような痛みといわれ、このことから「自殺頭痛」とも呼ばれています。緊張型頭痛、片頭…
  • 発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大脳皮質には、「ブローカ野(運動性言語中枢)」と「ウェルニッケ野(感覚性言語中枢)」とがあります。ブローカ野を損傷…
  • 運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知されているであろうストレッチ。「運動したあとはストレッチ」というのが当たり前とされています。スポーツの世界…
  • スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環をよくする効果があります。皮膚や筋肉の血行がよくなることによって各組織の代謝が改善され、筋肉の疲労産物を除去してく…
  • 脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア細胞とは、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称のことです。グリア細胞は、神経細胞に栄養を供給し…
  • 免疫機構

    人間の体内では、外から進入してきた病原体を排除するために、さまざまな細胞が働いています。それらの細胞は勝手に動き回っているのではなく、互いに連携をとりながらそれぞれの役割を担い、協力しあって体の防御にあっています…
  • 火事場のくそ力

    馬鹿力を発揮するには神経をオンにしなければなりませんが、これには脳の興奮が重要になってきます。脳が興奮することで、そうでないときよりも筋肉を支配する多くの神経をオンにすることができます。ただし、それがすべ…
  • 薬の処方

    薬の使い方は、大きく原因療法と対症療法に分けることができます。原因療法の薬は、体調を悪化させる原因を取り除く目的で用います。この薬は根本から治す薬ともいえます。原因療法として主に使われている薬の例…
  • ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。また、トレーニングを繰り返すことで、長期的な変化が現れるものもあるといいます。ホルモンの中には、筋に対してタ…

過去の人気記事

  1. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
  2. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…

ピックアップ記事

  1. 今回は「熱中症への対処」について書いていきたいと思います。■暑い環境で運動中に様子がおか…
  2. 胸郭出口とは、鎖骨と第1肋骨の間にある間隙のことで、そこを通る腕神経叢が上肢の運動を支配すべく、手部…

FACEBOOKもチェック

注目TOPIC

  1. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  2. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  3. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
  4. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  5. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
ページ上部へ戻る