タグ:トリガーポイント

  • 梨状筋のトリガーポイント

    梨状筋は、6つの股関節外旋筋の中で最大かつ最重要な筋で、仙骨と大転子の間に位置しています。梨状筋は、神経と血管の絞扼や筋膜からの関連痛など非常に強い苦痛をもたらす可能性があります。殿部に感じる痛みなどは、…
  • 腓骨筋のトリガーポイント

    下腿の外側には3つの腓骨筋(長腓骨筋、短腓骨筋、第三腓骨筋)があります。腓骨筋はすべて細くてピンのような形をした下腿外側の骨、腓骨に付着しています。腓骨筋のトリガーポイントは、足首外側で発生する痛みの大部…
  • ヒラメ筋のトリガーポイント

    ヒラメ筋は、下腿の後面全体を覆う多いな筋で、下半分は皮膚のすぐ下にあり、上半分は、腓腹筋の下に隠れています。ヒラメ筋は踵骨に付着しています。足首の主な底屈筋なので、足の前方を利用して、強く踏むことができます。…
  • 縫工筋のトリガーポイント

    縫工筋は、身体で最も長い筋です。「仕立て屋」というラテン語が語源で、昔、仕立て屋がしばしば足を組んで仕事をしていたことからきています。縫工筋のトリガーポイントは、局所的名痛みを起こします。痛みは上前腸骨棘から大腿…
  • 膝窩筋と足底筋のトリガーポイント

    膝窩筋は膝後部にある小さな筋です。膝窩筋のトリガーポイントはしばしば見落とされます。膝窩筋には膝のロックを解除する機能があり、膝の屈曲を可能にします。また、大腿骨が脛骨上を前方へ動くのを防ぐ後十字靭帯を補助します…
  • 内転勤トリガーポイント

    内転勤は筋量が多く、筋膜トリガーポイントにより生じた角種筋緊張により非常に影響されやすいです。内転勤はほとんどの人になじみのない部位であり、トリガーポイントはたいてい気づかれず治療もされないです。内転勤の…
  • 回旋筋腱版のトリガーポイント

    肩の動きに関する筋は20ほどあります。身体の中では肩は負荷のかかる部分になるため、肩に関するすべての筋に緊張が加わります。肩のトラブルはだいたい決まった過程を通ります。肩の筋が弱くなり、トリガーポイントによって機…
  • 斜角筋のトリガーポイント

    肩、上背部、上腕部に痛みを引き起こす筋は、斜角筋、肩甲骨を支える筋、回旋筋腱板、上腕筋、脊柱筋の5つに分けられます。中でも斜角筋は首の筋肉だが、この筋のトリガーポイントは、肩、上背部、上腕部の極度の痛みの原因とな…
  • 咬筋と側頭筋のトリガーポイント

    頭部、顔面、顎関節には主に咬筋と側頭筋の2つの咀嚼筋があります。この2つの筋のトリガーポイントは、僧帽筋や胸鎖乳突筋のトリガーポイントと同様、顎関節症をはじめとして、頭部、顔面、顎関節の多くの痛みの原因となります…
  • 頭部と首の痛み

    トリガーポイントは頭部と首に様々な症状を引き起こします。なかには、これまでの常識を否定するような作用もあります。例えば、歯痛や歯の知覚過敏、耳の痛み閉塞感、目の痛みや充血、副鼻腔の痛みや鼻水、首のこり、慢性の咳、…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  10. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  2. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  3. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  4. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  5. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
ページ上部へ戻る