カテゴリー:トレーニング科学

  • アクティブタッチ

    私たちは、あるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触れることで判断しています。触覚と運動が結びついて対象を知覚するはたらきをアクティブタッチといいます。意識して見るものと、単に見…
  • マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られるようになりました。マウスピースを着けることによって口内の外傷予防であったり、脳への衝撃の軽減が期待できるので…
  • 身体意識を磨く

    みなさんは野口体操というものを知っていますか?野口体操は、従来の筋力や体格で計れるパワーを重視する運動理論やストレッチで物理的な可動範囲を広げることを目的とした運動とは一線を画し、“力を抜く”ことで得られる身体感…
  • 太極拳における立禅鍛錬法

    最近よく公園や体育館で太極拳をやっている方を見かけます。太極拳を練習する理由は様々だと思います。治癒や健康維持を目的とする人もいれば、太極拳は最強の格闘アートで、たとえ深夜路上で突然襲撃されてもすくってく…
  • 『筋のトーンとテンション』

    人の姿勢や動作は、骨格や筋膜、関節を支持し、筋系の意識的あるいは無意識的なテンション(張力)によって生み出されています。神経からのインパルスにより筋が部分的に収縮することで筋トーン(緊張)が引き起こされ、テンショ…
  • 運動制御と開ループ機構・閉ループ機構

    実際の運動の発現には、全身にある骨格筋をすべて制御しなくてはならない。運動の目的に必要な複数の筋を必要なタイミングで、必要な出力で活動するよう指令されることになるが、この一連の運動指令セットを運動プロ…
  • フィードフォワード機能

    人は脊柱の安定性を高めることで、四肢を動かすことが可能と言われています。ここ何年かの間によく聞くようになったコアトレーニングや体幹トレーニングはこの脊柱を安定させて四肢を自由に動かす為のトレー…
  • ウィークリンクって知ってますか?

    ウイークリンクは簡単に言うと、『身体の弱い部分』トレーニングを進めていく中で、弱点を改善していくことはとても重要です。また、ウイークリンクはエネルギーの漏出にも繋がります。トレーニングの中で、肩の痛み…
  • ウィークリーリンクによるエネルギー漏出

    ウィークリンクによってエネルギーの漏出が起こる可能性があります。エネルギーの漏出という言葉は、『ストレス』と同様に、効率の低下を指します。ある課題や動作を行うために生み出されたエネルギーのすべてが、その課…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  5. 『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  6. 日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  7. 水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  8. 人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  9. 前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  10. どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…

最新記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…

注目TOPIC

  1. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  2. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  3. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
ページ上部へ戻る