カテゴリー:トレーニング科学

  • 体重と筋力のバランスについて

    筋力の強さは、筋の断面積に比例します。したがって、身体が大きければ、筋の断面積も大きくなるので筋力自体も強くなります。しかし、体重当たりの筋力を考えるとき、身体が大きいと相対的に小さくなることに留意すべきです。…
  • 女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細胞の働きを抑制します。この作用は骨代謝のバランスを保ち、それにより骨量を一定に保つ働きがあります。運動を…
  • エクササイズについて

    一般的にエクササイズとは、身体を動かすこと・運動などを意味しますが、厚生労働省が健康維持・生活習慣病予防のために策定した運動量の尺度になります。運動と日常生活に、運動強度と時間をもとにして、エクササイズという単位を設…
  • ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な柔軟性向上効果が報告されています。ストレッチング直後の柔軟性向上は、一定の伸張を加えていると組織の抵抗が減少する…
  • トレーニングマネジメント

    競技志向・健康志向どちらにおいてもトレーニングの目的は、身体能力の向上にあります。競技志向ではより高いパフォーマンスを目指し、健康志向では生活の質向上を目指して行われます。身体能力は体力と運動技能に大別されます。…
  • バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60歳代前半の平衡性は20歳を100%とすると20%に低下すると報告されています。しかし、バランス能力を向上させる方…
  • バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力です。支持基底面内重心を留めるという観点からは、身体の動揺が小さいほうが姿勢は安定し、立位時に静止状態を保持でき…
  • エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、⓷個別性です。対象者が有する機能性(安定性や可動性)を把握してエクササイズの種目と強度を立案する必要があります。…
  • RPEについて

    有酸素運動の強度は、最大酸素摂取量の何%あるいは、LTを目安に決定します。しかし、最大摂取量やLTの測定は難しく、運動中の心拍数をしるためには、心拍モニターが必要になります。そこで、全く器具を使わない方法として、…
  • AT/LTについて

    楽な運動であれば長く続けられますが、きつい運動は続けられません。少なくとも30分以上、余裕を持って運動できるかどうかという境目の運動強度を、無酸素性作業閾値(AT)と呼んでいます。現在では、全身持久力の生理学的な…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  5. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  6. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  7. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  8. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  9. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  10. 昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  2. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  3. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  4. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  5. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
ページ上部へ戻る