カテゴリー:トレーニング科学

  • パワーについて

    筋力トレーニングは、筋肥大や筋力アップだけではなく、パワーを高める目的でも有効に活用できます。パワーとは、一定の時間内に行われた仕事という意味です。学術的に「パワー=筋力×スピード」と定義されています。筋力に…
  • 筋力アップについて

    筋力アップを目的とする場合は、また違った条件の設定が必要になります。数セットのウォーミングアップをしたら、85%1RM(6RM)以上の高負荷を用いられます。反復回数は全力で1〜5回です。2〜5分間のインターバ…
  • フリーウェイトについて

    フリーウェイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければいけなく、身体を安定させつつ力を発揮する必要があります。動作中はメインの筋肉の周りの筋肉や体幹筋・関節などにも大きな刺激を与えることができて、いろいろな筋肉を強…
  • 筋力トレーニング中の呼吸について

    息を正しく吐くことは大切ですが、そればかり意識しすぎて息を吸い込むことをおろそかにしてしまうと、酸欠になってしまいます。筋力トレーニングではウエイトをあげる動作をポジティブ動作、逆に下ろす動作をネガティブ動作と言いま…
  • ジョギング後の筋力トレーニングについて

    筋力トレーニングとジョギング、どちらを先に行うべきか、普通に考えればどちらでも良いような気がします。まず筋力トレーニングをすると体内にアドレナリンが分泌されます。アドレナリンには体脂肪を分解する働きがあり、体脂肪…
  • クールダウンについて

    クールダウンを怠ると悪影響があります。クールダウンは筋力トレーニング後の必須事項としてやっていく必要があります。筋力トレーニングは非常に強度が強い運動なので、トレーニング終了後はジョギングなどの有酸素運動を行うと…
  • 加圧トレーニングについて

    筋肉の血流が低下すると低酸素の状態になり、疲労物質である乳酸などが蓄積しやすくなります。すると体はその状態を改善しようとして成長ホルモンの分泌を促したり、筋線維を成長させる様々な因子にも変化がおきます。つまり、悪…
  • スロートレーニングの大切なポイントについて

    スロートレーニングには、いくつかの重要なポイントがあります。これらのポイントをしっかり抑えた上で、行わなければ効果が期待できません。まずスローという名前の通り、ゆっくりいと運動を行うことが非常に大事なポイントです…
  • 自重トレーニングのデメリットについて

    ただ、ボディービルダーのように筋肉を発達させたり、高い瞬発力が必要な特定の競技で好成績を出すことを目的とした場合、筋力トレーニングを自重トレーニングで補うのは難しいです。自重トレーニングはその名の通り、自重がウエイト…
  • 筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす事が出来ないというぎりぎりの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態を「オールアウト…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…

注目TOPIC

  1. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
  2. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  3. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  4. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
  5. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
ページ上部へ戻る