カテゴリー:トレーニング科学

  • マシントレーニングについて

    マシントレーニングの利点は、第1に安全性の高さとフォーム習得のしやすさにあります。マシンはそれぞれ個別の筋肉を効率よくトレーニングできるように設定されています。特定の動きに沿うようにレールなどで軌道が固定されてい…
  • パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例えばダンベルで80%1RMの重さを持ち上げるとしたら、たいていの人は8~10回程度挙げることができますがそれ以上はかなり…
  • クールダウンについて

    筋力トレーニング終了後のクールダウンは決して欠かせません。その理由は血流に大きく関係しています。血液は心臓の働きで全身をくまなく循環しています。まっすぐ立っている状態のとき、血液は重力に逆らいながら心臓に戻っ…
  • 筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。骨格筋は、運動神経から脳の命令を伝える信号を受けて動いていますが、トレーニングを始めた頃は、運動神経に支配される筋…
  • 大きい筋肉を鍛える事について

    ベンチプレスをする時、足でしっかり踏ん張るように、大腿筋は下半身を安定させ上体を支えるという重要な働きをしています。また、ジャンプしたりボールを投げたりなども、実は大腿筋が起点となって手足などの末端に力を伝えています…
  • 運動能力を高める事について

    速筋・遅筋の割合は変えることができなくても、日常的なトレーニングを続けることで、速筋・遅筋それぞれの筋線維を太くし、パワーを高めることができます。中でも筋力トレーニングは、速筋を鍛えるのに有効なトレーニングになります…
  • 筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。どの部位の筋トレでも強い力を込めるとお腹に力が入ります。これは体幹を固定しようとするためです。体の中心…
  • 健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあらゆる動作を支える大切な役割を果たしています。人は加齢と共に成長ホルモンの分泌量が減り、筋肉の劣化をはじめ老化が…
  • 筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代表格で筋力トレーニングのパフォーマンスをアップさせる効果があります。そのためウォーミングアップとしてジョギングを…
  • 女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細胞の働きを抑制します。この作用は骨代謝のバランスを保ち、それにより骨量を一定に保つ働きがあります。運動を…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  6. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  7. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  8. 蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  9. 最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  10. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  2. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  3. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  5. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
ページ上部へ戻る