カテゴリー:栄養学

  • エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し続けています。このエネルギー源になるのが、まず糖質です。二糖類以上の糖質の多くは消化器官で分解されてぶどう糖に変…
  • タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質食を取り筋グリコーゲンの貯蔵量を最大限まで増加させます。また、トレーニング中や試合中のゼリーやドリンクなどの液状…
  • 「活性酸素」って何?

    体脂肪を燃やす際に酸素が必要なのは有名な話だが、酸素を体内で使うプロセスでは非常に厄介な活性酸素が生じる。言葉だけなら「活性された酸素」なのだからカラダに良さ気な感じもするが、これは大きな間違いである。活性酸…
  • 神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒を適切なリズムによって働かせるために調節する神経伝達物質になります。神経ヒスタミンは時計遺伝子へ関与するため、神…
  • 水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまいがちです。寒いというのもあってコーヒーを飲む量も増えるのではないでしょうか。コーヒーはたくさん飲むけどそ…
  • 夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜遅くに食べてはいけないというものもそれにもれなく当てはまります。夜遅く食べると太ってしまうというのが一番よく言わ…
  • 脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中をアルブミンと結合した遊離脂肪酸として運ばれます。脂肪酸は、心筋、骨格筋に於いてカルニチンと結合してミトコンドリ…
  • エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グルコース(ブドウ糖)が血液中に供給され血糖が維持されます。脳は、エネルギー源として、グルコースに代わり、肝臓で脂…
  • 脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。その時代は狩猟をしたり、農耕を始めたりして食べ物を手に入れていましたが、狩猟に失敗したり、天候の異変などで常に飢えと隣り合…
  • 人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。食物を体内に摂取し、貯蔵や消化・吸収、排泄、運搬といった働きを担う器官のことを消化器といいます。食物は、口から入…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  4. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  6. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  7. 昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  8. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  9. 『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  10. 年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
  2. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  3. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  4. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  5. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
ページ上部へ戻る