カテゴリー:栄養学

  • エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し続けています。このエネルギー源になるのが、まず糖質です。二糖類以上の糖質の多くは消化器官で分解されてぶどう糖に変…
  • 「活性酸素」って何?

    体脂肪を燃やす際に酸素が必要なのは有名な話だが、酸素を体内で使うプロセスでは非常に厄介な活性酸素が生じる。言葉だけなら「活性された酸素」なのだからカラダに良さ気な感じもするが、これは大きな間違いである。活性酸…
  • 神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒を適切なリズムによって働かせるために調節する神経伝達物質になります。神経ヒスタミンは時計遺伝子へ関与するため、神…
  • 水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまいがちです。寒いというのもあってコーヒーを飲む量も増えるのではないでしょうか。コーヒーはたくさん飲むけどそ…
  • 夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜遅くに食べてはいけないというものもそれにもれなく当てはまります。夜遅く食べると太ってしまうというのが一番よく言わ…
  • エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グルコース(ブドウ糖)が血液中に供給され血糖が維持されます。脳は、エネルギー源として、グルコースに代わり、肝臓で脂…
  • 人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。食物を体内に摂取し、貯蔵や消化・吸収、排泄、運搬といった働きを担う器官のことを消化器といいます。食物は、口から入…
  • 脂肪の正体とは?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹のお肉をぐいっと引っ張ると「これが脂肪」といえますが、人間の体内に存在する脂肪には、中性脂肪、脂肪酸、コレステロール、リン…
  • グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネルギーリン酸結合部位に貯えられている化学的エネルギーが利用される。ATP以外に高エネルギーリン酸結合をもった物質…
  • かぼちゃの力!

    10月31日はハロウィンですね。街中では、ジャック・オー・ランタン(お化けかぼちゃ)をよく見かけます。カボチャと言えば、βカロテンが豊富に含まれていることで有名ですね。カボチャは、サツマイモと同様にデンプ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  4. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  5. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  6. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  7. 本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  8. 「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  9. 腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  10. 『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  2. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  3. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  4. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  5. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
ページ上部へ戻る