カテゴリー:栄養学

  • お茶の効能とは

    烏龍茶、紅茶、緑茶は製造工程に違いがあるものの、同じチャノキの茶葉を使用するため、基本的成分が似ており、タンパク質、食物繊維、苦味の成分であるカフェイン、渋みの成分であるカテキン、旨味の成分であるアミノ酸、その他ビタミン…
  • アミノ酸に副作用はあるか

    本来、生体内の成分であるアミノ酸は、健康な人が摂取する限りにおいては、多少過剰に摂っても害になることはほとんどありません。しかし、注意が必要な場合もあります。タンパク質の制限をしている人、たとえば人工透析…
  • タウリンの働きとは

    タウリンは、タコやイカなどの軟体動物を中心に魚介類に豊富に含まれている物質です。今日では栄養ドリンクの瓶に入ってることが多いですが、かつての日本ではタコの煮汁から抽出し、神経痛やリウマチ、結核などに効く薬として使…
  • ケトジェニックダイエット

    ヒトが活動するためにはエネルギー代謝が不可欠です。その中でも主なものはブトウ糖など糖質を分解してエネルギーとする糖代謝、脂肪(脂肪酸)を分解してエネルギーとする脂肪代謝があります。ケトン体はこの脂肪酸…
  • 結合組織の治癒と栄養の関係

    結合組織はおもにタンパク質で構成されるため、栄養としてタンパク質を摂取することは非常に重要となります。タンパク質は、植物性または動物性食品から摂取できますが、動物性タンパク質は酸を産生するので、間質のpH値を低下…
  • アミノ酸に期待される効果

    スポーツの分野でアミノ酸に期待される効果は、大きく分けて筋力の向上、持続力の向上、疲労回復・疲労予防の3つです。筋肉を構成しているのはアクチンとミオシンというタンパク質で、このアクチンとミオシンの主成分はロイ…
  • ダイエットと生理学

    ダイエットを考える上で、リバウンドを防ぐにはどうするべきかは非常に悩むところです。低カロリー、低炭水化物食でダイエットを行うと、体重の減少が速やかに起きます。そのため、この方法は一見効果的にみえるかもしれませんが…
  • 第6の栄養素「食物繊維」とは

    食物繊維とは、植物の繊維や細胞壁などを構成する多糖類で、ヒトでは消化できないか、消化の困難な物質で、第6の栄養素と言われることもあります。食物繊維には、セルロース、ペクチン、リグニンなどがありますが、前述のように…
  • 脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

    ビタミンはこれまでに13種類見つかっています。それらは油に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶けやすい水溶性ビタミンに分けることができます。このことはビタミンを摂るうえで、非常に重要なことになります。…
  • 脂質やコレステロールは必ずしも悪者か?

    多くの方が脂肪について良くないイメージをもっていて、話をしていると「脂肪をできるだけ制限し、あまり食べないようにしている」というお客様が多いのかなと思います。しかしながら、食物脂肪についてのそういった『悪い』イメージ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  2. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  3. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  4. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  5. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
ページ上部へ戻る