カテゴリー:スポーツ医学

  • 脊柱の疾患「後縦靱帯骨化症(OPLL)」

    脊柱の疾患にはさまざまなものがありますが、その中の1つに「後縦靱帯骨化症(OPLL)」という疾患があります。発症頻度は低いものになりますが、難病で国の特定疾患にも指定されていて、治療費が助成されています。…
  • 「ハムストリングス」と肉離れについて考える

    ハムストリングスの肉離れは、スポーツ中に起きる怪我の中でも、特に頻度の高い怪我の一つです。ハムストリングスの肉離れはほとんどの場合、手術や入院治療の必要はなく、病院外来や現場でのケアが中心となります。受傷…
  • 手根管症候群とは

    最も一般的な絞扼性神経障害である手根管症候群は、手根管内で正中神経が圧迫ないし牽引を受けることにより起こります。手根管症候群の原因としては、解剖学的異常、反復動作、妊娠に伴うホルモンの変動、あるいは糖尿病などの全…
  • 足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポーツ外傷・傷害の15〜25%を占めるとされています。傷害発生の要因には、不適切なトレーニング方法、スポーツ種目、競…
  • 凍結肩

    外傷性、非外傷性にかかわらず、肩甲上腕関節周辺に生じた痛みや拘縮による機能障害を総称して肩関節周囲炎といいます。特に50歳以降に発症した場合を凍結肩(五十肩)といいます。凍結肩は、可動域制限を主体とし、筋…
  • 四辺形間隙症候群

    今回は野球選手に多い障害の一つ、四辺形間隙症候群(クワドリラテラルシンドローム)について考えてみます。肩関節後方にある小さな四角で囲まれたスペースを「クワドリ・ラテラル・スペース(QLS)」といいます。この部分で…
  • テニス肘にみられる肘伸展制限

    テニス肘の疼痛部位のうち、肘前腕外側顆から前腕伸筋側部の疼痛が多くの症例において観察され、多裂筋、前鋸筋、肩甲下筋、上腕三頭筋、上腕筋、腕橈骨筋、回外筋 、長橈側手根伸筋、短橈骨手根伸筋、及び指伸筋は多くの症例において筋…
  • 嚢胞性病変であるガングリオン

    手関節の周囲に好発する嚢胞性病変であるガングリオンというものをご存知ですか?ガングリオンは、関節包や腱鞘などから生じ、ゼリー状の粘性物質を内包する腫瘤で、特に若い女性に多く見られると言われています。このガングリオ…
  • 三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷とTFCCの機能

    手関節の尺側には三角線維軟骨複合体とよばれる、軟骨と靭帯などで手根骨と尺骨を結合して安定化させるクッションの役割を担う組織があります。日本名が難しいのでTFCCと呼ばれることが多い部位になります。グリップ…
  • 肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけは明らかな外傷や腕を使っている最中に何となくというような原因が全く不明な場合があるなど様々です。重症例では、腱板断裂…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
  2. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  3. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  5. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
ページ上部へ戻る