カテゴリー:スポーツ医学

  • 運動療法とは。

    運動が心身の健全な機能を維持し、疾病からの回復を促進することは、古くギリシャのヒポクラテスの時代から認められていました。近代的な意味での治療体操は18世紀にも見られますが、現在のような運動療法の体系化が始まったの…
  • 腓骨筋腱炎とは

    腓骨筋腱炎は、長腓骨筋や短腓骨筋のオーバーユース障害です。この病態はしばしば足関節外側側副靭帯損傷と関連して生じるため、足関節外側不安定性の原因もしくは結果であることが推測されます。短腓骨筋腱は、足・足関…
  • 運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは

    運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは、運動が引き金となって、じんま疹、呼吸困難、血圧低下、意識消失などのアナフィラキシー症状が出現する病気です。運動の強さは必ずしも激しいものでなくても起きることがあります…
  • ストレートネックの急増

    ストレートネックとは、頸椎の生理的前弯角度が30度以下の首の状態をいい、正常なヒトの首の前弯角度は30〜40度です。首がまっすぐになっている状態を示す言葉なので、病名ではありません。ストレートネックに伴う…
  • 変形性関節症

    変形性関節症は、関節にみられる非炎症性、進行性の病変で、力学的負荷が大きいものに頻度が高まります。関節の疼痛、運動制限をきたし、滑液貯留を認めます。原因としては、1次性(明らかな原疾患のないもの)と、…
  • 女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍だと言われています。バスケットボールやサッカーや器械体操のような激しいピボット動作を伴ったジャンプや着地をする非…
  • 外反母趾とは

    外反母趾は、長時間の靴や靴下を着用する近年の生活様式の変化によって、急速に増加している疾患だといえます。圧倒的に女性に多く、10歳代に発症するものと、40歳代の中年期に発症するものとがあります。前者には高…
  • 可動関節とその障害発生過程

    可動関節は、広範囲の運動を可能にしています。しかし、人体は1日中何度も何度も繰り返される特定の運動のために可動関節は設計されているわけではないです。そのため、同じ運動を長い時間繰り返し続けると、その運…
  • 脊柱の疾患「後縦靱帯骨化症(OPLL)」

    脊柱の疾患にはさまざまなものがありますが、その中の1つに「後縦靱帯骨化症(OPLL)」という疾患があります。発症頻度は低いものになりますが、難病で国の特定疾患にも指定されていて、治療費が助成されています。…
  • 「ハムストリングス」と肉離れについて考える

    ハムストリングスの肉離れは、スポーツ中に起きる怪我の中でも、特に頻度の高い怪我の一つです。ハムストリングスの肉離れはほとんどの場合、手術や入院治療の必要はなく、病院外来や現場でのケアが中心となります。受傷…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  10. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
ページ上部へ戻る