カテゴリー:スポーツ医学

  • 関節運動とスポーツ動作

    スポーツ運動のほとんどは、いくつかの関節運動が組み合わさったものです。投球動作における腕の動きをひとつをとっても、それは非常に複雑です。例えば、肩と肘に限定しても、肘を高く上げる時は肩が外転および外旋し、…
  • イメージトレーニングについて

    スポーツ競技において、非常に重要な精神的能力を高めるトレーニングをメンタルトレーニングと呼びます。精神的能力には、判断や予測・目標設定・自己コントロール・集中力・イメージ化能力などがあり、メンタルトレーニングの一…
  • 肘関節の骨折・脱臼

    肘頭骨折は、転倒した際に肘をつくことで起こります。関節内骨折で肘痛や腫脹が見られます。肘頭に付着している上腕三頭筋の牽引により転位が起こりやすく、その場合は手術が必要となります。橈骨頭骨折は、転落…
  • 筋の感染症

    筋の感染症は、黄色ブドウ球菌によるものが多く、ほとんどが単一の筋の感染ですが、糖尿病など免疫能低下により多発性に発生することもあります。特殊な菌の感染により重症化する場合、症状は刻々と変化し、ショックや多機能不全…
  • 膝蓋骨へのテーピング

    膝蓋骨に対してテーピングを行うことは機械的に膝蓋骨のアライメントを矯正する目的で行われ、膝蓋骨を膝蓋溝の中心に位置させその軌道を改善させることにあります。理論的には外側の固くなった組織をストレッチすることで、粘弾…
  • スプリング靭帯損傷

    スプリング靭帯は、踵骨の載距突起から舟状骨結節にかけて距骨下関節前方部分の内側を走行しています。この靭帯の損傷はランナーによく発生し、後脛骨筋腱の炎症や機能不全を合併することもあります。損傷メカニズムは通…
  • 妊娠中の運動について

    妊娠中は、酸素需要が増加するのに並行して、エネルギー基質の需要も増加します。一般的に妊婦は、生体機能の拡張に対するホメオスタシス維持のために代謝が亢進するのに伴い、1日当たり約300Kcalのエネルギーを余分に消…
  • 運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは

    運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは、運動が引き金となって、じんま疹、呼吸困難、血圧低下、意識消失などのアナフィラキシー症状が出現する病気です。運動の強さは必ずしも激しいものでなくても起きることがあります…
  • 変形性関節症

    変形性関節症は、関節にみられる非炎症性、進行性の病変で、力学的負荷が大きいものに頻度が高まります。関節の疼痛、運動制限をきたし、滑液貯留を認めます。原因としては、1次性(明らかな原疾患のないもの)と、…
  • 女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍だと言われています。バスケットボールやサッカーや器械体操のような激しいピボット動作を伴ったジャンプや着地をする非…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  4. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  6. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  7. 昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  8. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  9. 『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  10. 年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  2. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  3. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  4. 2015-12-14

    食欲とグルコスタティックセオリー(糖定常説)

    1955年、アメリカの科学者Jean Mayerは、視床下部には血中のグルコースの濃度を検知するニュ…
  5. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
ページ上部へ戻る