カテゴリー:スポーツ医学

  • 後脛骨筋腱炎とその回復

    後脛骨筋腱はスプリング靭帯を直接的に支持し、内側縦アーチに重要な安定性をもたらすと言われています。つまり、後脛骨筋の過度な伸張や断裂は内側縦アーチを破綻させることに繋がります。この後脛骨筋腱はオーバーユー…
  • クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキシズムとよばれ、顎関節症、歯周組織の炎症などの原因となります。このクレンチングは無意識的、無自覚的に起こるもので…
  • 鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊張、恥骨炎、まれに鼠径ヘルニアといった症状を抱えていることが多いとされます。直接的な原因のほとんどは外傷によるも…
  • サッカー選手に多い鼠径部周辺痛

    鼠径部周辺に痛みが生じた場合、症状の程度が軽くプレーに支障がないレベルであれば、練習前のウォームアップ時に股関節周囲のリハビリを取り入れて症状の悪化を防ぎながらそのまま経過を観察します。股関節の開排制限がなく、内…
  • 関節運動とスポーツ動作

    スポーツ運動のほとんどは、いくつかの関節運動が組み合わさったものです。投球動作における腕の動きをひとつをとっても、それは非常に複雑です。例えば、肩と肘に限定しても、肘を高く上げる時は肩が外転および外旋し、…
  • イメージトレーニングについて

    スポーツ競技において、非常に重要な精神的能力を高めるトレーニングをメンタルトレーニングと呼びます。精神的能力には、判断や予測・目標設定・自己コントロール・集中力・イメージ化能力などがあり、メンタルトレーニングの一…
  • 運動中の突然死

    スポーツをする上で、選手の安全は守られなければなりません。しかし、ときに生命を脅かす事故が起こったり、突然死が起こることもあります。たとえば、長時間の激しい持久性運動は、カテコールアミン分泌増加をもたらし…
  • 足底腱膜炎とは

    足底腱膜炎の原因は、通常は踵骨内側結節部における進行性のコラーゲン変性です。この障害は、あらゆるスポーツで生じますが、特にランニング動作を伴う種目に頻発します。また、ダンサーや体操選手の発生率も高いとされ…
  • 慢性労作性コンパートメント症候群

    コンパートメント症候群とは、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋や神経の虚血を引き起こす病態です。これにそれぞれ急性と慢性のコンパートメント症候群が存在します。急性のコンパートメ…
  • 若年者の膝関節傷害

    若年の選手における外傷・障害のパターンは成人とは大きな相違があります。それは筋・骨格系の構造と生理学のいくつかの違いに基づきます。成長・成熟期での骨および軟部組織の変化はそれぞれの障害パターンが各年齢によ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  3. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  4. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  5. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
ページ上部へ戻る