カテゴリー:人間科学

  • 脳のしくみ

    ヒトの脳は、成人で重さ約1200から1500グラムです。頭蓋骨の中で、脳脊髄液という無色透明な液体につかています。脳は「神経細胞(ニューロン)」と「グリア細胞」という2種類の細胞からできています。…
  • 情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。記憶には短期記憶・長期記憶があり、これらは主に脳の海馬が役割を担っています。しかし、「怖い」や「嫌だ」といった…
  • 血液型とは?

    世間一般に使われているABO式の血液型はよく性格を分類する手段として広く知られています。じゃあそもそもABO式血液型とは何の違いなのでしょう?細胞の表面には多くの糖タンパク質がついています。こ…
  • 細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。ヒトの脂肪細胞は一定の大きさで単房性の脂肪滴をもつため、核は細胞膜に接触した形で平らに変形しており、平均直径は約60〜9…
  • 水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないといけません。水中毒とは、過度の水分摂取によって生じる中毒症状であり、低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死…
  • がん細胞

    人間の体は一つの受精卵が分裂して二つの細胞になり、それがまた分裂していき、最終的には60兆個にもおよびます。それだけの数の細胞から皮膚や筋肉、消化管など様々な組織や器官がつくられています。そういった細胞の…
  • 栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけでなく、それが原因で身体に異変が起こることがあります。人間は外から栄養を摂取しない限り生きられない生き物ですから、…
  • 大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、大脳皮質には野によってその細胞構築に違いがあり、それを52野に区分したものを地図と呼んでいます。これを創りあげたのは…
  • 紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明な膜)で吸収されます。結膜(白目の表面やまぶたの内側をおおっているの薄い膜)がやられると目が赤く充血して、目やに…
  • ウイルスとは?

    のどの痛みや高熱を引き起こすインフルエンザウイルスや、下痢を起こすノロウイルス、などウイルスにはさまざまな種類があります。そもそもウイルスとは何なのでしょう?ウイルスはDNA(デオキシリボ酸)やRNA(リ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  6. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  7. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  8. 蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  9. 最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  10. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  2. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  3. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  4. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  5. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
ページ上部へ戻る