カテゴリー:人間科学

  • 食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂食することが推奨されています。ある実験では、マウスを一日の総摂食量が等しくなるように、朝夕の摂食量の違いを作った…
  • 血管ー脳関門の役割

    脳はとても大事な器官です。そのため、やたらな物質が脳に直接入っては困るので、必要な物質だけを選り分けて入れる「門」が存在します。この門を「血管-脳関門」といいます。血管ー脳関門を通り抜けることので…
  • アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをいう。さらにその作用から、インスリン抵抗性を改善する「善玉アディポサイトカイン」と増悪する「悪玉アディポサイトカイン」…
  • 腎臓の働き=ネフロンの働き

    腎臓の主な働きは、体内での不要な物質を尿として体外に排出することです。腎臓はソラマメのような形をした臓器で、左右に1対あります。大きさは高さ10cm、幅5cm、厚さ3cmほどの器官です。この小さな臓器に心臓で…
  • 筋紡錘のはたらき

    私たちの意志に沿うように筋肉の運動を精密にコントロールするために、筋肉中には紡錘型をした筋紡錘という器官があります。筋紡錘の両端は筋肉を構成する筋線維と同じように腱と結合しています。つまり筋紡錘は筋肉が引…
  • タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞いて食べている人もいるのではないでしょうか。ナッツは値上がりしているにも関わらず、人気は上昇しているようです。…
  • バナナの熟成度による栄養組成の違い

    バナナは日本に輸入される果物のなかで最も輸入量が多く、輸入果物の約5割を占めているといいます。誰もが一度は食べたことのある非常に身近な果物でしょう。バナナはビタミンB6、Cを多く含み、カリウム、マグネシウ…
  • アレルギー増加

    アレルギー体質の人のリンパ節では2型ヘルパーT細胞が増えています。ヘルパーT細胞には1型と2型があり、通常両者は、バランス保ち免疫反応をコントロールしています。1型は、マクロファージやキラーT細胞を活性化…
  • 脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。これは、利き手や利き足による同じ動作の連続や、ポジションによっていつも同じ姿勢をとるなどの影響が考えられます。…
  • 痒みの定義

    痒みという言葉は、皮膚の表面で感じられるあの不快な感覚を思い出しますが、その掻かずにはいられないイライラした感じから、日常生活の中では「歯痒い」「むず痒い」などさまざまな表現で使われています。最初に痒みを医学的に…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  6. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  7. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  8. 蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  9. 最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  10. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  3. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  5. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
ページ上部へ戻る