カテゴリー:人間科学

  • 免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパトロール経路の修正方針は、T細胞が「どこで活性化したか?」に依存している。例えば、T細胞が皮膚に近いリンパ節で病…
  • 熱中症への対処

    今回は「熱中症への対処」について書いていきたいと思います。■暑い環境で運動中に様子がおかしい一刻も早くからだを冷却することが重要。自力で水分がとれない場など重症の可能性がある場合、救急車を要請…
  • 変形性股関節症

    股関節は関節臼と大腿骨頭で構成されている臼状関節です。変形性股関節症とは、股関節の関節軟骨の変形、摩耗により関節の破壊が生じ、その後、反応性の骨増殖が生じる疾患です。先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全、大腿骨…
  • 耐性と解毒

    耐性というのは、ある物質を同じ量だけ何度んも服用しているうちに、効き目がだんだん下がってくる現象です。つまり、それまで効いていた量では、同じ効き目が得られなくなってきたことになります。耐性が発生すると…
  • 血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて血中に供給されます。筋中や脂肪細胞にはグリコーゲンの貯蔵能があり、短時間であればこれを代謝してエネルギー供給が可…
  • 高齢者の筋力トレーニング

    加齢に伴う筋力の低下は、身体活動量の低下をもたらすだけでなく、脂肪蓄積量や骨吸収を増加させます。高齢者の生活の質(QOL)の維持のため、骨塩量の低下、体脂肪の蓄積を防止することが大事になってきます。そうい…
  • リンパの還流と大事な4つの圧

    正常なリンパの流れは、4つの重要な圧からなる濾過と再吸収によって行われている。毛細血管圧は毛細血管から液を押し出すのに重要な圧である。血小板コロイド浸透性圧は、浸透圧によって毛細血管内の血小板におけるタンパク…
  • 筋繊維特性とトレーニング効果

    骨格筋は主に遅筋線維、速筋線維の 2 つの線維から構成され、これらの線維が各々の筋ごとに一定の割合でモザイク状に配列している。この中でも、遅筋線維は有酸素的なエネルギー発揮能力に優れ、収縮速度は遅いが疲労耐性が高…
  • インスリン

    インスリンは、代謝調節、細胞増殖、細胞分化促進作用など様々な機能を持ち、医学生物学上、重要なホルモンです。生体内で血糖を上昇させるホルモンはたくさんありますが、血糖を低下させるホルモンはインスリンだけです。…
  • 脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在しています。脂肪組織の主な組成要素であり白色脂肪細胞にも体内時計システムがあることが知られています。この脂肪組織…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  6. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  7. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  8. 蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  9. 最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  10. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  2. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  3. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  4. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  5. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
ページ上部へ戻る