カテゴリー:人間科学

  • 「橋本病」

    「橋本病」とは、甲状腺に慢性の炎症が起きている病気で、その炎症の原因は自己免疫というものです。免疫とは、本来ならば外から入ってきた異物から自分の身体を守る働きを持つのですが、それが自分の身体の細胞に対して起きてし…
  • ストレス反応と「闘争・逃避反応」

    ストレス反応として一般に知られているのは、「闘争・逃避(fight or flight)反応」です。夜道を歩いているとき、不審な人物(外敵)が近くにいることに気付いたという状況に対して、人は敵と戦ったり敵から逃げ…
  • ミネラルウォーターのあり方

    「ミネラル」とは、ナトリウムやカルシウムなど水にとけている鉱物をさします。ミネラルウォーターは食品衛生法によると「水のみを原料とする清涼飲料水」とされています。1990年に農林水産省は処理方法などによ…
  • 血圧感知の仕組み

    私達が一般的に思い浮かべる血圧は、いわゆる動脈血圧のことです。動脈血圧は心臓に比較的近い上腕で測定され、収縮期血圧は通常90mmHgを超えることが多いです。しかし、血圧には当然静脈血圧もあります。…
  • 呼吸とその3つの調節システム

    呼吸は酸素と二酸化炭素の交換システムです。酸素は細胞の活動にとって必要なエネルギーになります。吸った空気は肺胞へと送り込まれ、肺胞まで届いた酸素は血液の中にあるヘモグロビンによってとり込まれ、心臓のポンプを使って…
  • エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気です。エコノミークラスの座席スペースは比較的狭く、姿勢を変えたり足を動かしたりしづらいことが原因で起こりやすい…
  • オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や脳神経系の発達において重要であり、特にDHAは何らかの特異的機構によって脳神経組織に濃縮されています。これら必須脂肪…
  • 骨格筋のメッセンジャー「マイオカイン」

    骨格筋は分泌臓器としての役割をもち、遠隔の臓器にメッセージを届けていると考えられています。このメッセンジャーの役割をしているのが『マイオカイン』です。マイオカインは骨格筋から分泌される液性因子群で、そ…
  • エラーカタストロフィー説

    ヒトは、一体どのくらい長生きできるのでしょうか?これまでに、130歳以上の寿命を残したヒトの例は知られていません。ヒトは必ず老いて、死ぬ宿命にあります。近年では、老化と寿命、そして死のメカニズ…
  • 不快感という身体のシグナル

    医学や薬がなくても、脊椎動物は何億年もウイルスと共存してきました。ヒトもチンパンジーも、500万年前に2つの種に分かれてからずっと、さまざまなウイルスや細菌の感染を受けながらも絶滅せずに今日に至っているのは、ウイ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  2. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  3. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
ページ上部へ戻る