カテゴリー:人間科学

  • ダイエットと生理学

    ダイエットを考える上で、リバウンドを防ぐにはどうするべきかは非常に悩むところです。低カロリー、低炭水化物食でダイエットを行うと、体重の減少が速やかに起きます。そのため、この方法は一見効果的にみえるかもしれませんが…
  • 胸鎖関節の機能的特性

    胸鎖関節は、鎖骨の胸骨関節面と胸骨の鎖骨切痕からなる関節になります。またこの関節は、体幹と上肢帯を連結する唯一の関節でもあります。前額面では鎖骨側の関節面が凸面で、胸骨側が凹面、矢状面では反対に鎖骨側の関節面…
  • エコノミークラス症候群を考える

    エコノミークラス症候群とは、循環障害のひとつで、深部静脈血栓症や塞栓症などの疾患概念となります。それぞれの疾患からみていくと、深部静脈血栓症では、原因は、静脈内皮の損傷、血液凝固能の亢進、長期臥床などによる静脈系…
  • すべての運動は姿勢により始まり、姿勢に終わる

    「良い姿勢」を考えてみると、なんとなくイメージは湧きますが、その具体的な評価測定値などはなかなかないもの。姿勢にはさまざまな定義がありますが、よく言われるものとしては「重力に対する身体の適応状態」のことです。…
  • 不良座位姿勢の生体力学的な動向

    多くの人たちは、職場や学校、あるいは家庭や車内で座っている時間が非常に長く、一日中座りっぱなしという人もいるほどです。骨盤と腰椎の姿勢は、脊柱全体の脊椎アライメントに大きな影響を与える可能性があります。し…
  • 腰椎圧迫骨折と胸椎圧迫骨折

    圧迫骨折とは、外傷や椎骨の衰弱が引き起こす骨折のことを言います。加齢による骨粗鬆症などで骨密度が減少し、骨同士がぶつかりあうことで脊椎の椎体が潰れてしまうことが大きな原因と言われています。圧迫骨折には…
  • 睡眠時無呼吸による呼吸の断片化

    筋緊張が低下すると、睡眠が乱れ、いびき、あるいは頻繁な呼吸停止という重大な睡眠障害である睡眠時無呼吸のような症状が起こります。男性に多く、日本では5人に1人にものぼると言われています。さらに65歳以上にな…
  • 卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。さらにそこから心房と心室のふたつに分けられています。その心房中隔には卵円窩という浅いくぼみがあり、これは胎生期、…
  • 「橋本病」

    「橋本病」とは、甲状腺に慢性の炎症が起きている病気で、その炎症の原因は自己免疫というものです。免疫とは、本来ならば外から入ってきた異物から自分の身体を守る働きを持つのですが、それが自分の身体の細胞に対して起きてし…
  • ストレス反応と「闘争・逃避反応」

    ストレス反応として一般に知られているのは、「闘争・逃避(fight or flight)反応」です。夜道を歩いているとき、不審な人物(外敵)が近くにいることに気付いたという状況に対して、人は敵と戦ったり敵から逃げ…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2016-6-14

    動作のフィードバックと運動ニューロン

    ヒトは筋肉を動かすことで身体運動を可能にしています。筋肉はすべて神経によってコントロール…
  2. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
  3. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  4. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  5. 2014-9-27

    運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
ページ上部へ戻る