カテゴリー:人間科学

  • 腸内細菌叢とプレバイオティクス

    ヒトやマウスの腸内細菌叢は、ファーミキューテス門、バクテロイデス門、プロテオバクテリア門、アクチノバクテリア門の4つの門で占められます。実験において、過食と肥満を呈する肥満型マウスでは、正常体重マウスに比べて、バ…
  • 運動の抗うつ効果

    運動は、うつの人に対して効果が大きいとされています。薬物療法に比べ、運動療法は、体脂肪の減少、心疾患、高血圧などの軽減が望め、多くの人に好ましい影響であるといえます。多くの人が、生活の中でストレスを感じる…
  • 糖尿病と運動療法

    I型糖尿病患者は、慢性合併症がなく血糖コントロールが良好であれば、ほとんどの種類やレベルのスポーツやエクササイズが可能です。しかし、スキューバダイビングなど、予測できない事態が起こったり、バディシステムに依存して…
  • 筋力増強と運動の学習

    筋力がある人でも、自転車に乗れなかったりするように、運動学習や運動制御理論から筋力増強運動を考えることは重要な要素となります。運動を如何に巧みに行うかは神経系が如何に多くの筋を調整できるかにかかっており、それには…
  • 運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは

    運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは、運動が引き金となって、じんま疹、呼吸困難、血圧低下、意識消失などのアナフィラキシー症状が出現する病気です。運動の強さは必ずしも激しいものでなくても起きることがあります…
  • 温泉水について考える。

    最近、いろんな種類の水が売られていて何がなんだかよく分からなくなっています。ですが、今回は飲む水ではなく、泉、いわゆる温泉水についてです。温泉に行くと、たいてい泉質についての説明書きがありますが、これを読…
  • 紫外線と日焼け

    紫外線は波長が短いため直進性が低く、分散しやすいという特徴をもっています。特に、320nm以下の波長の紫外線はガラスを透過せず、190nm以下の波長の紫外線は空気を透過しません。紫外線の生体への照射によっ…
  • 鉄欠乏性貧血の原因

    貧血には種類があり、一つは鉄欠乏貧血もう一つは悪性貧血というものがあります。鉄欠乏性貧血とは、文字どおり鉄分の欠乏による貧血であり、最も頻度の高い血液疾患になります。鉄欠乏性貧血の原因としては1、需要…
  • 暑熱順化

    暑い夏を快適に過ごすには、今くらいの時期から出来るだけ半袖にしておいて、暑さに体を慣らしおくことが重要です。これを暑熱順化と言います。暑熱順化についてはもう何回も書いていると思うので、ざっと概要だけ触れて…
  • 体格指数

    肥満とは単純に体重が増えるのではなく、厳密には体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態になります。ただし、実際には体脂肪を正確に、しかも簡単に測定できる方法がないのが一般的で、身長あたりの体重…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2016-12-26

    動きづくりのトレーニング

    スポーツにおいて、よりうまくなる為に様々な努力を行うと思います。例えば、野球をうまくなるために何…
  2. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
ページ上部へ戻る