カテゴリー:人間科学

  • 慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢性疲労になった状態を「オーバートレーニング症候群」といいます。身体の一部に長い時間負荷が蓄積して起こる「オー…
  • 横腹が痛くなるという現象

    走っていると横腹が痛くなるという現象。誰も一度は経験したことがあるでしょう。そのときの状況を考えてみると、大抵何かを食べた直後であることに気づきます。食事の直後は、消化吸収のため消化器官が活発に働…
  • 発熱とは

    発熱は、病気の目印として最も古く、そして最も一般的に知られています。発熱は哺乳類だけのものではなく、鳥類、爬虫類、両生類、魚類でも起こり舞う。恒温動物では発熱時には体温調節機序はあたかも正常より高いレベル…
  • 暑熱順化

    暑い夏を快適に過ごすには、今くらいの時期から出来るだけ半袖にしておいて、暑さに体を慣らしおくことが重要です。これを暑熱順化と言います。暑熱順化についてはもう何回も書いていると思うので、ざっと概要だけ触れて…
  • 睡眠時無呼吸による呼吸の断片化

    筋緊張が低下すると、睡眠が乱れ、いびき、あるいは頻繁な呼吸停止という重大な睡眠障害である睡眠時無呼吸のような症状が起こります。男性に多く、日本では5人に1人にものぼると言われています。さらに65歳以上にな…
  • 「橋本病」

    「橋本病」とは、甲状腺に慢性の炎症が起きている病気で、その炎症の原因は自己免疫というものです。免疫とは、本来ならば外から入ってきた異物から自分の身体を守る働きを持つのですが、それが自分の身体の細胞に対して起きてし…
  • 骨格筋のメッセンジャー「マイオカイン」

    骨格筋は分泌臓器としての役割をもち、遠隔の臓器にメッセージを届けていると考えられています。このメッセンジャーの役割をしているのが『マイオカイン』です。マイオカインは骨格筋から分泌される液性因子群で、そ…
  • ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされています。アロマテラピーはヨーロッパで昔から行われている民間療法のひとつで「精油を使って病気を治す技術」と定義され、最…
  • 中枢性疲労とその仮説

    最大限の運動能力を発揮する上で疲労は邪魔なものです。肉体的な限界に至る前に感じられる疲労、すなわち中枢性疲労は運動を遂行する動機に影響を与えます。これまで中枢性疲労の発生機構としていくつかの仮説が提唱され…
  • 運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れられています。特に筋疲労回復に焦点をあてると、運動後の筋疲労回復の方法として軽運動が有効であるとされています。…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  5. 『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  6. 日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  7. 水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  8. 人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  9. 前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  10. どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…

最新記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…

注目TOPIC

  1. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  2. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  3. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  4. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  5. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る