カテゴリー:コンディショニング科学

  • 脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹のお肉をぐいっと引っ張ると「これが脂肪」といえますが、人間の体内に存在する脂肪には、中性脂肪、脂肪酸、コレステロール、リン…
  • 骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨と仙骨の3つであり、これらを連結するため左右の仙腸関節と恥骨結合が存在する。正常な仙腸関節の可動性は並進で0.5mm…
  • 大気と運動への影響

    みなさんは、運動する場所や時間帯を気にかけた事はありますか?最近は運動公園や街中でランニングやサイクリングをしている方をよく見かけますし、イベントとしては先日東京マラソンが行われたばかりで、運動することが習慣にな…
  • ルフの収束投射説

    多くの痛みは組織損傷がある部位に感じますが、痛みの原因となる部位と痛みを感じる部位が一致しない場合があります。この患部から離れたところに感じる痛みを「関連痛」といいます。私たちの脳の中には、体表の身体…
  • 衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。こういったアレルギー疾患の増加には、衛生環境の向上が影響しているとされる考えがあります。「衛生仮説」というもので…
  • 発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でない動作を学習してしまった場合、あるいは不適切な活動が正常なシステムに取り込まれてしまった場合などに生じます。出生…
  • 梨状筋のトリガーポイント

    梨状筋は、6つの股関節外旋筋の中で最大かつ最重要な筋で、仙骨と大転子の間に位置しています。梨状筋は、神経と血管の絞扼や筋膜からの関連痛など非常に強い苦痛をもたらす可能性があります。殿部に感じる痛みなどは、…
  • 『姿勢とは何か?』

    誰でも良くない姿勢をとるように頼むと、たいてい背中を丸め、肩が内側へ入った、うつむいた姿勢をとります。多くの人たちにとって姿勢という用語は、自分自身の身体を保つ方法であり、全身の肢位のことを指しています。…
  • ニューテーション・カウンターニューテーション

    呼吸によって体も協調して動きが生じることがある。筋膜などの連結や重心補正のための骨運動などひとつの動きを連鎖的に伝えていくのがヒトの動きである。呼吸とヒトの身体の動きをより細かく見ていくと、呼気と吸気で動き方…
  • 腓骨筋のトリガーポイント

    下腿の外側には3つの腓骨筋(長腓骨筋、短腓骨筋、第三腓骨筋)があります。腓骨筋はすべて細くてピンのような形をした下腿外側の骨、腓骨に付着しています。腓骨筋のトリガーポイントは、足首外側で発生する痛みの大部…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  6. 運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  7. 筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  8. 本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  9. 「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  10. 2014/10/31

    便秘と下痢
    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  2. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  3. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  4. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  5. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
ページ上部へ戻る