カテゴリー:コンディショニング科学

  • 後頭下筋群と頸部痛

    後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。これらの筋は軸椎から軸椎、または頭蓋骨へと走行する4つの筋により構成されます。したがって、筋線維の付着部と走行に基づくと、一側性には頭部の回旋…
  • スポーツ障害の予防について

    スポーツに怪我はつきものであり、残念ながら怪我を完全に回避することはほぼ不可能ですが、近年スポーツにより起こりやすい怪我の特徴が明らかになってきています。例えば、重篤な下肢のスポーツ外傷である前十字靭帯損傷は、着…
  • 初動負荷理論とは

    初動負荷理論は、トレーニング理論、動作理論の2つから形成されます。初動負荷法とは、反射の起こるポジションへの身体変化およびそれに伴う重心位置変化などを利用し、主働筋の弛緩-伸張-短縮の一連動作過程を促進させるとと…
  • スポーツ障害について

    競技やトレーニングなどの運動を行うことによって起こるケガなどのことをスポーツ障害といいます。スポーツ障害は、主に競技やトレーニング中に大きな外力が加わることで、突発的に発生する急性のスポーツ外傷と、スポーツ動作の…
  • マイオセラピーとその適応

    マイオセラピーは筋疾患に対する治療法です。この治療法は、生体が内外界からの刺激に、防御系や調整系によって対応する反応を利用することを原理とします。マイオセラピーの刺激は、主に徒手による機械的刺激となります…
  • スポーツ歯科の重要性

    なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?それは歯と運動能力には密接な関係があるからです。歯並びが悪いと、どうしても悪い噛み合わせになったり噛み癖がついてしまうのですが、顎の関節のすぐそばには、体の平…
  • 筋リラクセーション法

    リラクセーション法にはたくさんの種類があり、その手法もまた様々です。筋弛緩法の最も一般的な方法は、漸進的弛緩となります。漸進的弛緩は、まず存在する筋緊張を認識し、収縮させた後、次にそれらの筋を弛緩させるこ…
  • ロコモティブシンドローム予防のための2つの種目

    ロコモティブシンドロームを予防するトレーニングとしてバランス能力の改善を目的とした開眼片脚立ちと下肢筋力強化を目的としたスクワットの2つが推奨されています。開眼片脚立ちとは、その名の通り目を開けた状態で、片脚で立…
  • アイシングとツール

    アイシングは筋肉や関節を冷やすのが目的です。そのための道具はカラダから熱を奪うエネルギーを持ったものでなければなりません。最も一般的で、便利なのが氷です。その他にも冷凍庫で保存するタイプのコー…
  • 胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸郭に非対称性が生じます。胸郭の非対称性は、胸椎の回旋及び側弯などもたらし、その結果、胸郭の可動性にも偏りが生じ、脊椎…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…

注目TOPIC

  1. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  2. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  3. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  4. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  5. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
ページ上部へ戻る