カテゴリー:コンディショニング科学

  • 後頭下筋群と頸部痛

    後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。これらの筋は軸椎から軸椎、または頭蓋骨へと走行する4つの筋により構成されます。したがって、筋線維の付着部と走行に基づくと、一側性には頭部の回旋…
  • スポーツ障害の予防について

    スポーツに怪我はつきものであり、残念ながら怪我を完全に回避することはほぼ不可能ですが、近年スポーツにより起こりやすい怪我の特徴が明らかになってきています。例えば、重篤な下肢のスポーツ外傷である前十字靭帯損傷は、着…
  • スポーツ障害について

    競技やトレーニングなどの運動を行うことによって起こるケガなどのことをスポーツ障害といいます。スポーツ障害は、主に競技やトレーニング中に大きな外力が加わることで、突発的に発生する急性のスポーツ外傷と、スポーツ動作の…
  • マイオセラピーとその適応

    マイオセラピーは筋疾患に対する治療法です。この治療法は、生体が内外界からの刺激に、防御系や調整系によって対応する反応を利用することを原理とします。マイオセラピーの刺激は、主に徒手による機械的刺激となります…
  • 胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸郭に非対称性が生じます。胸郭の非対称性は、胸椎の回旋及び側弯などもたらし、その結果、胸郭の可動性にも偏りが生じ、脊椎…
  • 鉄欠乏性貧血の原因

    貧血には種類があり、一つは鉄欠乏貧血もう一つは悪性貧血というものがあります。鉄欠乏性貧血とは、文字どおり鉄分の欠乏による貧血であり、最も頻度の高い血液疾患になります。鉄欠乏性貧血の原因としては1、需要…
  • 横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない限り、他のいかなる運動パターンも健全ではありえないと示唆しています。Lewitは、適切なパターンで呼吸できない人は、…
  • 体格指数

    肥満とは単純に体重が増えるのではなく、厳密には体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態になります。ただし、実際には体脂肪を正確に、しかも簡単に測定できる方法がないのが一般的で、身長あたりの体重…
  • 筋弱化が起こる要因

    筋弱化が起こる要因としては●硬さによる筋弱化使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなることが原因で起こる筋弱化です。継続的な過用により非伸縮性組織の量が増加し、それにより筋の弾性が低下し、筋繊維の変性に繋がる…
  • 土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と第1中足骨からなる内側アーチ、踵骨と第5中足骨からなる外側アーチ、第1中足骨と第5中足骨からなる前側アーチ(横アーチ)の…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  4. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  6. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  7. 昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  8. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  9. 『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  10. 年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  2. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  3. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  4. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  5. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
ページ上部へ戻る