カテゴリー:解剖生理学

  • 寛骨臼唇の損傷と変性

    体幹、骨盤、大腿骨間の必要不可欠な動作では、寛骨臼唇に対して圧迫、伸張、剪断力が働きます。そのため、寛骨臼唇は機械的刺激に基づいた病状に対して特に脆くなります。関節唇損傷のメカニズムは人それぞれであり、損…
  • 神経系モビライゼーションとは

    モビライゼーションとは関節包内アプローチの一種で、関節機能の異常などに離開や滑り運動を用いて治療する手技となります。関節モビライゼーションの他にも、主に筋膜に対してアプローチする軟部組織モビライゼーションや神経系…
  • 距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真っすぐの位置となります。つまり内がえしや外がえしを伴なっていない肢位です。これは正常な足部が水平面で静止…
  • 膝関節の異常アライメントと内反膝

    前額面では、膝関節は正常で5〜10°の外反位にあります。このアライメントからの逸脱は、過度の外反膝や内反膝といわれています。水平な地形上で正常速度の歩行中、膝関節にかかる関節間力は体重の2.5倍から3倍に…
  • 体温調節とは

    ヒトは、環境温度が変化しても身体の中心部(頭腔や胸腹腔など)の体温は約37℃に保たれており、このことが恒温動物にいわれる所以です。ただ、体表あるいは体表に近い部位(皮膚、皮下組織など)は、環境温度によって変動しま…
  • 直立姿勢と咀嚼筋

    人の「直立姿勢」は、重い頭部をのせていて重心が高いのに加えて、面積の狭い2本足で立っているために、常に不安定な状態にあります。それでも直立姿勢を保っていられるのは、耳に三半規管という平衡器官があるからです。これに…
  • 回外筋と上腕二頭筋の関係

    回外筋の近位付着は広範であり、表在性線維は、上腕骨外側上顆と外側側副靭帯、輪状靭帯から起こっています。深部線維は、尺骨の回外筋稜付近およびそれに沿って起こります。両筋線維は、橈骨の近位1/3の部分に沿って…
  • 収縮速度と発火頻度の関係

    運動の速度は、筋の収縮速度に依存します。収縮速度を変える唯一の方法は、動員する運動単位の数を変えるか、運動単位が発する活動電位の頻度を変えるかとなります。収縮速度を制御するためには、神経系は負荷トルクと比…
  • 咀嚼筋の付着と作用

    咀嚼の主動作筋は、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋となります。咬筋は分厚く、力強い筋で、下顎骨のすぐ下で容易に触知でき、側頭筋は、頭蓋の側頭窩の凹面の大部分を覆う平坦な扇型の筋とされています。内側翼突…
  • 頸部筋系による頭部安定性

    頭頸部をまたぐ筋は、頸椎の特に外側部と後部で頸部容量のほとんどを占めます。これらの筋が強く活動すると、この筋量のおかげで頸部の臓器や血管、椎間板、椎間関節、神経組織が保護されます。コンタクトスポーツを含む…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  4. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  6. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  7. 昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  8. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  9. 『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  10. 年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  2. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  5. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
ページ上部へ戻る