カテゴリー:解剖生理学

  • 侵害受容性疼痛とは

    痛みには痛覚受容器が刺激されて生じる痛みと、痛覚受容器が関与しない痛みがあります。痛覚受容器に有効に作用して痛みを生じる刺激については、一般に組織を傷害するか、あるいはその可能性をもった侵害刺激となります。…
  • 予測的姿勢制御とは

    日常の動作は、たとえば床からものを持ち上げたりドアを開けたりする場合、過去の経験によりものの重さやドアを抵抗などを考慮し、どのくらいの力を出せばよいか、あるいはどのような姿勢をとればよいかなどが予測されて行われています。…
  • 関節の最終域感

    関節を最終域まで動かすと、何かによって動きが制限される感覚があります。これを最終域感(end feel)といいます。この最終域感を引き起こす要因には、関節包、靭帯、腱をはじめ、筋も関与するため、脊髄損傷や…
  • 筋収縮の調節

    筋収縮の調節は、運動単位の動員とインパルスの発射頻度の調節によって行われています。動員(recruitment)は、空間的活動参加とよばれることもあります。インパルスを発射する運動単位の数が多くなれは、収…
  • 長さ‐張力曲線とは

    長さ‐張力曲線は、筋の収縮力によって発生する張力は筋の長さと密接に関係しているということを表したもので、発見者の名をとってBlix曲線とも言います。筋の活動張力は、自然長において最大の張力を生じ、その60%以下の…
  • 筋力の生理学的限界と心理的限界

    人の最大筋力を決定するものは、筋の横断面積という構造的要素と筋を支配する運動単位の興奮状態という機能的要素とがあります。これら構造的要素によって決まる筋力の上限を生理学的限界と呼び、機能的要素によって決まる筋力の…
  • 肩甲上腕関節の緩い適合と不安定性

    いくつかの肩甲上腕関節の形態像は、安定性を犠牲にして可動性を優位にしたこの関節の解剖学的構造の設計に寄与しています。関節窩関節面は上腕骨頭関節面の約1/3のみを覆うに過ぎません。このサイズの違いにより関節…
  • 胸郭拡張の対抗要素

    吸気筋によって行われる仕事は、肺組織と胸郭を構成する結合組織の自然な弾性力に打ち勝たなければなりません。さらに、奥範囲な起動を通過する吸息抵抗にも打ち勝つために余分な働きをしなければなりません。肺胞に到達…
  • 手根部の靭帯の二重V字システム

    手根運動の関節包内運動は、最終的には筋によって引き起こされますが、人体の受動的緊張によって方向づけられ、制限されます。手根部は、中間位では4つの靭帯が2つの逆向きV字のようにみえ、しばしば靭帯の二重V字システムと…
  • 運動指令と感覚運動変換

    運動出力は、筋に作用し、これを収縮させて、運動を生成する運動指令です。これらの出力は、感覚運動変換を表現する回路へ感覚入力が入ることにより生じます。感覚入力には、自分の身体に関する内因性上方に加えて、外界…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  4. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  5. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
ページ上部へ戻る