カテゴリー:解剖生理学

  • 関節安定性の制御

    関節の安定性は受動的、能動的、そして制御系を含む複数の因子に影響されます。関節の周囲の受動的な構造物は特に関節可動域の終末においては関節を支える働きをしますが、関節の安定性を制御する主なものは筋群の能動的な作用と…
  • 腰方形筋の特徴

    腰方形筋は解剖学上は腹部の筋に分類され、後腹壁に存在します。発生学的には内外の腹斜筋と同じ斜筋径であるとされ、横突間靭帯より腹側の筋として腹部では外側横突起間筋、大小腰筋とともに腹外側筋板から発生します。…
  • 侵害受容性疼痛とは

    痛みには痛覚受容器が刺激されて生じる痛みと、痛覚受容器が関与しない痛みがあります。痛覚受容器に有効に作用して痛みを生じる刺激については、一般に組織を傷害するか、あるいはその可能性をもった侵害刺激となります。…
  • 予測的姿勢制御とは

    日常の動作は、たとえば床からものを持ち上げたりドアを開けたりする場合、過去の経験によりものの重さやドアを抵抗などを考慮し、どのくらいの力を出せばよいか、あるいはどのような姿勢をとればよいかなどが予測されて行われています。…
  • 筋収縮の調節

    筋収縮の調節は、運動単位の動員とインパルスの発射頻度の調節によって行われています。動員(recruitment)は、空間的活動参加とよばれることもあります。インパルスを発射する運動単位の数が多くなれは、収…
  • 長さ‐張力曲線とは

    長さ‐張力曲線は、筋の収縮力によって発生する張力は筋の長さと密接に関係しているということを表したもので、発見者の名をとってBlix曲線とも言います。筋の活動張力は、自然長において最大の張力を生じ、その60%以下の…
  • 筋力の生理学的限界と心理的限界

    人の最大筋力を決定するものは、筋の横断面積という構造的要素と筋を支配する運動単位の興奮状態という機能的要素とがあります。これら構造的要素によって決まる筋力の上限を生理学的限界と呼び、機能的要素によって決まる筋力の…
  • 肩甲上腕関節の緩い適合と不安定性

    いくつかの肩甲上腕関節の形態像は、安定性を犠牲にして可動性を優位にしたこの関節の解剖学的構造の設計に寄与しています。関節窩関節面は上腕骨頭関節面の約1/3のみを覆うに過ぎません。このサイズの違いにより関節…
  • 胸郭拡張の対抗要素

    吸気筋によって行われる仕事は、肺組織と胸郭を構成する結合組織の自然な弾性力に打ち勝たなければなりません。さらに、奥範囲な起動を通過する吸息抵抗にも打ち勝つために余分な働きをしなければなりません。肺胞に到達…
  • 手根部の靭帯の二重V字システム

    手根運動の関節包内運動は、最終的には筋によって引き起こされますが、人体の受動的緊張によって方向づけられ、制限されます。手根部は、中間位では4つの靭帯が2つの逆向きV字のようにみえ、しばしば靭帯の二重V字システムと…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  4. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  6. 昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  7. 日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  8. 『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  9. 年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…
  10. レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

注目TOPIC

  1. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  2. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  5. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
ページ上部へ戻る