カテゴリー:運動学

  • エネルギー伝達の4種

    エネルギー伝達とは、身体の各分節間あるいは関節間のエネルギーの流れを意味する言葉です。このエネルギー伝達は主にに4種類あると考えられています。1つは関節から分節へのエネルギー伝達です。ある関節で生…
  • 筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般にはひとつの運動に対して主動作筋、共同筋、拮抗筋は別々の筋が対応しますが、中には共同的かつ拮抗的に働くこともあります。…
  • 腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性

    今日は、腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性について考えます。内外の腹斜筋は、体幹を回旋させる主要な筋です。同側の広背筋や腰腸肋筋、体側の横突棘筋はこの腹斜筋の回旋作用を補強する形で活動します。この「回…
  • スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢れる動作あるいはその主体である選手を「パワーのある選手」と表現するとこが多いです。パワーという言葉は日常でもスポ…
  • 進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき、最終的には小さな爬虫類だけが進化していきました。小さな爬虫類は天敵から逃げる必要があるため、移動の際にスピード…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  10. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…

最新記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…

注目TOPIC

  1. 2017-2-2

    身体を自在にデザインする

    食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。どこをシェ…
  2. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
  3. 2015-2-13

    姿勢習慣を意識する

    姿勢習慣とは、安静および活動中に身体が姿勢をとる方法です。姿勢という言葉は通常、脊柱を保…
  4. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  5. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
ページ上部へ戻る