カテゴリー:未分類

  • 大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るためにあえて大きな力を出させない仕組みがあるのです。筋肉はその端と端に腱という組織で関節をまたいで骨につながっていま…
  • 有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一方、ウォーキングなど酸素を取り込みながら続ける運動は有酸素運動といいます。マラソンのように長時間運動を続けられる…
  • プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。この…
  • 筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代表格で筋力トレーニングのパフォーマンスをアップさせる効果があります。そのためウォーミングアップとしてジョギングを…
  • ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な柔軟性向上効果が報告されています。ストレッチング直後の柔軟性向上は、一定の伸張を加えていると組織の抵抗が減少する…
  • バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60歳代前半の平衡性は20歳を100%とすると20%に低下すると報告されています。しかし、バランス能力を向上させる方…
  • バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力です。支持基底面内重心を留めるという観点からは、身体の動揺が小さいほうが姿勢は安定し、立位時に静止状態を保持でき…
  • 筋肉系について

    人体には、約600余りの大小さまざまな筋肉があり、骨格筋・心筋・平滑筋の3種類に分類されます。一般に筋肉と呼ばれている骨格筋は、その名の通り骨に付着しています。人間が動くとき、脳・神経系の大脳にある運動野が興奮し…
  • 関節にはたらく3種類のテコの原理

    筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォームを工夫したり、効果的でケガのしにくいトレーニング動作を考えたりするための基礎として非常に重要になります。筋力が…
  • 最大筋パワーについて

    スポーツ競技では、素早いダッシュや高いジャンプ、遠くへの投球、相手に強い力を加えたりと、瞬時に大きな力を発揮することが要求される場面が多いです。このような場面で、筋肉が瞬時に大きな力を発揮する能力を筋パワーと言います…

ピックアップ記事

  1. 副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2014/9/27

    ホルモン分泌
    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  3. 2014/9/27

    脳の細胞
    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  4. マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  6. ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  7. 出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  8. 脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  9. 「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  10. 赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…

最新記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  2. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  3. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  4. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
ページ上部へ戻る