梨状筋は、6つの股関節外旋筋の中で最大かつ最重要な筋で、仙骨と大転子の間に位置しています。

梨状筋は、神経と血管の絞扼や筋膜からの関連痛など非常に強い苦痛をもたらす可能性があります。

殿部に感じる痛みなどは、複数の筋から影響を受けていることが多いです。

にもかかわらず、ほとんどの症例では、梨状筋が関連しています。

梨状筋の症状は特に女性に多く発生させ、男性より女性のほうが6倍多いとされています。

梨状筋の緊張は、痛みに加え、仙腸関節のねじれを生じさせます。

結果、傾いた仙骨によって、短脚であるかのように見えます。

トリガーポイントが原因で短縮した梨状筋により、脚を組んだり、内旋させることが難しくなります。

また、脚を広げることも非常に苦痛になり、痛みにより足を引きずる場合もあります。

さらに、短縮した梨状筋は、直径が太くなり、坐骨神経を圧迫します。

坐骨神経圧迫による痛みは、トリガーポイントにより生じた痛みよりも激しく、背部、大腿、ふくらはぎ、足底で感じられます。

梨状筋のトリガーポイントの範囲は、鼠径部、性器、または直腸領域で痛みを起こします。

梨状筋を保護するには、慣れない激しい活動が筋の損傷を招くということに注意します。逆に、長期にわたる不動性状態も梨状筋に問題を引き起こします。

筋膜トリガーポイントによる障害が梨状筋にない場合、適度な運動は良いです。

しかし、トリガーポイントが筋を短縮させ、筋力低下を起こしている状態では、筋の過伸展または過負荷は、すぐに症状を悪化させます。

運動を考える前に、トリガーポイントを取り除くべきです。

ゆっくり休むことが、筋膜痛を解決することはないです。運動不足はトリガーポイントの典型的名原因です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  2. 2017-2-15

    最大筋力を高めるために

    パフォーマンスをあげるために大きく影響する最大筋力ですが、この最大筋力は「筋の断面積」「運動単位の動…
  3. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  4. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
  5. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
ページ上部へ戻る