薬の使い方は、大きく原因療法と対症療法に分けることができます。

原因療法の薬は、体調を悪化させる原因を取り除く目的で用います。

この薬は根本から治す薬ともいえます。

原因療法として主に使われている薬の例としては、菌の繁殖を抑える抗生物質が挙げられます。

ほとんどの薬が原因療法の薬だと一般的には考えられているようですが、実はこの薬はとても少ないのが現実です。

現在使われている多く薬は、対症療法のための薬です。

対症療法とは、症状を抑えるために用います。

問題となっている症状を抑えますが、根本的な原因を取り除くわけではないので、

症状の原因が改善される前に薬の効力が切れると症状がぶり返してしまいます。

対症療法の薬は、つらい症状を抑えて体力を維持し、身体が症状の原因を改善するための手助けをします。

対症療法の薬には、鎮痛剤や風邪薬があります。

鎮痛剤を服用すると痛みが、風邪薬では風邪の症状が和らぎますが、これは症状が抑えられているだけであって、完治したわけではないのです。

怪我による痛みは、治癒の過程が進まないとなくなりませんし、風邪によるさまざまな症状も風邪が治らないと薬が切れた時点でぶり返します。

薬を飲んで症状がおさまっているように感じても、そこで無理してもしばらくは悪化してしまう恐れがあるので、完治するまでは、無理は禁物です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  4. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  5. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
ページ上部へ戻る