薬の使い方は、大きく原因療法と対症療法に分けることができます。

原因療法の薬は、体調を悪化させる原因を取り除く目的で用います。

この薬は根本から治す薬ともいえます。

原因療法として主に使われている薬の例としては、菌の繁殖を抑える抗生物質が挙げられます。

ほとんどの薬が原因療法の薬だと一般的には考えられているようですが、実はこの薬はとても少ないのが現実です。

現在使われている多く薬は、対症療法のための薬です。

対症療法とは、症状を抑えるために用います。

問題となっている症状を抑えますが、根本的な原因を取り除くわけではないので、

症状の原因が改善される前に薬の効力が切れると症状がぶり返してしまいます。

対症療法の薬は、つらい症状を抑えて体力を維持し、身体が症状の原因を改善するための手助けをします。

対症療法の薬には、鎮痛剤や風邪薬があります。

鎮痛剤を服用すると痛みが、風邪薬では風邪の症状が和らぎますが、これは症状が抑えられているだけであって、完治したわけではないのです。

怪我による痛みは、治癒の過程が進まないとなくなりませんし、風邪によるさまざまな症状も風邪が治らないと薬が切れた時点でぶり返します。

薬を飲んで症状がおさまっているように感じても、そこで無理してもしばらくは悪化してしまう恐れがあるので、完治するまでは、無理は禁物です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  2. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  3. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  4. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  5. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
ページ上部へ戻る