ヒラメ筋は、下腿の後面全体を覆う多いな筋で、下半分は皮膚のすぐ下にあり、上半分は、腓腹筋の下に隠れています。

ヒラメ筋は踵骨に付着しています。足首の主な底屈筋なので、足の前方を利用して、強く踏むことができます。

歩く、走る、自転車をこぐ、飛び上がる、登る、などの際に活動するが、このような動作はトリガーポイントを誘発します。

ヒラメ筋のトリガーポイントができると、ウィークエンドアスリートによくありがちな踵の痛みが発生します。

ヒラメ筋のトリガーポイントの関連痛は、主にかかと、ふくらはぎ、足首の後面にでます。

驚くことに、仙腸関節周辺に深部痛を発生させ、腰の筋に痙攣が持続することにも関与しています。

また、腰が触られることに過敏になる原因が、ヒラメ筋にあることもあり、さらに、関連痛が顎に出たという症例もあります。

足首後面の痛みの診断で典型的なのはアキレス腱炎で、動けないほどのかかとの痛みは、「足底筋膜炎」と診断されることが多いです。

踵の痛みや、アキレス腱周りの痛みのほとんどは、ヒラメ筋、後脛骨筋、足底方形筋のトリガーポイントが発生源といわれています。

ヒラメ筋には、脚から血液を心臓にもどす働きがあり、その役割が重要なことから第二の心臓と呼ばれます。

トリガーポイントがあると、この効率が非常に悪くなります。低血圧や予期せぬ失神の原因が、ヒラメ筋の弱さや機能低下にあることも考えられています。

さらにヒラメ筋のトリガーポイントが、脚の血行を阻害して筋内の圧迫を増大させる、後方コンパートメント症候群を助長させます。

ふくらはぎの筋には、予防的ケアが特に重要になります。朝、少し時間をとってふくらはぎを反対側の膝を使ってマッサージするといいとされています。

ヒラメ筋のトリガーポイントによる腰痛や腰のこわばりがあるなら、それらが解消されるという、さらなる効果も期待できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  2. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  3. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  4. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  5. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
ページ上部へ戻る