ヒラメ筋は、下腿の後面全体を覆う多いな筋で、下半分は皮膚のすぐ下にあり、上半分は、腓腹筋の下に隠れています。

ヒラメ筋は踵骨に付着しています。足首の主な底屈筋なので、足の前方を利用して、強く踏むことができます。

歩く、走る、自転車をこぐ、飛び上がる、登る、などの際に活動するが、このような動作はトリガーポイントを誘発します。

ヒラメ筋のトリガーポイントができると、ウィークエンドアスリートによくありがちな踵の痛みが発生します。

ヒラメ筋のトリガーポイントの関連痛は、主にかかと、ふくらはぎ、足首の後面にでます。

驚くことに、仙腸関節周辺に深部痛を発生させ、腰の筋に痙攣が持続することにも関与しています。

また、腰が触られることに過敏になる原因が、ヒラメ筋にあることもあり、さらに、関連痛が顎に出たという症例もあります。

足首後面の痛みの診断で典型的なのはアキレス腱炎で、動けないほどのかかとの痛みは、「足底筋膜炎」と診断されることが多いです。

踵の痛みや、アキレス腱周りの痛みのほとんどは、ヒラメ筋、後脛骨筋、足底方形筋のトリガーポイントが発生源といわれています。

ヒラメ筋には、脚から血液を心臓にもどす働きがあり、その役割が重要なことから第二の心臓と呼ばれます。

トリガーポイントがあると、この効率が非常に悪くなります。低血圧や予期せぬ失神の原因が、ヒラメ筋の弱さや機能低下にあることも考えられています。

さらにヒラメ筋のトリガーポイントが、脚の血行を阻害して筋内の圧迫を増大させる、後方コンパートメント症候群を助長させます。

ふくらはぎの筋には、予防的ケアが特に重要になります。朝、少し時間をとってふくらはぎを反対側の膝を使ってマッサージするといいとされています。

ヒラメ筋のトリガーポイントによる腰痛や腰のこわばりがあるなら、それらが解消されるという、さらなる効果も期待できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  3. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  4. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  5. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
ページ上部へ戻る