スポーツ医学のルーツを知る。

どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を遂げています。

新しい発見も大切ですが、そのルーツを知るのも面白いものです。

たとえばスポーツ医学は、その起源は紀元前5世紀にあるとされています。

そのスポーツ医学の父ともいわれる古代ギリシャの医師、ヘロディコスはマッサージと蒸し風呂とレスリングというプログラムで結核を治そうとしたといわれています。

どのような考えからそのプログラムを組むに至ったかは分かりませんが、運動を健康維持と病気の治療に使うという考え方は今と変わっていないことが分かります。

ほかにもヘロディコスは、古代オリンピックで選手たちにマッサージを施したり、そもそものマッサージの基礎となる方法を編み出したとされています。

紀元前30世紀~前20世紀頃になると中国やインドでは、体操、とくに呼吸体操が身体機能の向上や障害の予防・治療に用いられていたといいます。

紀元前の中国は、今でいう生活習慣病が蔓延していたとのことなので、こういった方法が浸透していったのだと思われます。

運動と健康について、進化するにつれて違いはでても、根本的な考えかたは大昔から変わらないようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
ページ上部へ戻る