スポーツ医学のルーツを知る。

どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を遂げています。

新しい発見も大切ですが、そのルーツを知るのも面白いものです。

たとえばスポーツ医学は、その起源は紀元前5世紀にあるとされています。

そのスポーツ医学の父ともいわれる古代ギリシャの医師、ヘロディコスはマッサージと蒸し風呂とレスリングというプログラムで結核を治そうとしたといわれています。

どのような考えからそのプログラムを組むに至ったかは分かりませんが、運動を健康維持と病気の治療に使うという考え方は今と変わっていないことが分かります。

ほかにもヘロディコスは、古代オリンピックで選手たちにマッサージを施したり、そもそものマッサージの基礎となる方法を編み出したとされています。

紀元前30世紀~前20世紀頃になると中国やインドでは、体操、とくに呼吸体操が身体機能の向上や障害の予防・治療に用いられていたといいます。

紀元前の中国は、今でいう生活習慣病が蔓延していたとのことなので、こういった方法が浸透していったのだと思われます。

運動と健康について、進化するにつれて違いはでても、根本的な考えかたは大昔から変わらないようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-24

    スポーツで重要な筋肉の立ち上がり

    陸上競技の短距離選手が100mを走るとき、選手の足の裏が地面についている時間はとても短いです。…
  2. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  3. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  4. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  5. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
ページ上部へ戻る