筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ねてそれを覆っている筋周膜、さらには個々の筋線維を包む筋内膜という3つに分けられる。
その中でも筋の伸張性にもっとも関与しているのが、最も深部に位置する筋内膜であると言われている。

筋膜の主成分はコラーゲン線維でそれ自体に伸張性はない。
しかしながら、これらコラーゲン線維が網目状に配列されることで伸張性を生み出している。
そしてコラーゲンの分子と分子が架橋と呼ばれる橋かけによって結合されている。

通常、架橋はコラーゲン分子の末端に生成され、成長とともに増加し、ある程度の硬さのコラーゲン線維が成熟する。
この架橋は「生理的架橋」と呼ばれ、これが多いほどコラーゲン線維の伸張性が低下する。

一方で老化によって生成されるのが「老化架橋」。

この架橋は分子の末端ではなく、分子間にランダムで生成される。
年齢を重ねるとカラダが硬くなるというのはこの「老化架橋」が原因とされている。

また不動によってもコラーゲン線維間のランダムな架橋生成がされることが報告されている。
不動による筋周膜や筋内膜の肥厚はラットなどの動物実験で実証されている。
不動により、筋内結合組織が増えることで、筋組織が繊維化すると伸張性は低下することとなる。
さらに長期の不動はコラーゲン線維の配列に変化が生じ、正常では組織長軸方向に縦走する線維が不動により長軸に対し横走するという報告もある。

また痛みなどで生じる筋スパズムはミオシンとアクチン間のクロスブリッジ形成が継続し虚血状態になり不動が生じる。

これは筋線維の短縮やコラーゲンの分子間の架橋の生成に繋がり、結果的に筋膜の伸張性低下へと発展していく。

実のところ、筋の伸張性低下の前に筋膜の伸張性が低下しているケースが非常に多いのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  2. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  4. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  5. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
ページ上部へ戻る