筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ねてそれを覆っている筋周膜、さらには個々の筋線維を包む筋内膜という3つに分けられる。
その中でも筋の伸張性にもっとも関与しているのが、最も深部に位置する筋内膜であると言われている。

筋膜の主成分はコラーゲン線維でそれ自体に伸張性はない。
しかしながら、これらコラーゲン線維が網目状に配列されることで伸張性を生み出している。
そしてコラーゲンの分子と分子が架橋と呼ばれる橋かけによって結合されている。

通常、架橋はコラーゲン分子の末端に生成され、成長とともに増加し、ある程度の硬さのコラーゲン線維が成熟する。
この架橋は「生理的架橋」と呼ばれ、これが多いほどコラーゲン線維の伸張性が低下する。

一方で老化によって生成されるのが「老化架橋」。

この架橋は分子の末端ではなく、分子間にランダムで生成される。
年齢を重ねるとカラダが硬くなるというのはこの「老化架橋」が原因とされている。

また不動によってもコラーゲン線維間のランダムな架橋生成がされることが報告されている。
不動による筋周膜や筋内膜の肥厚はラットなどの動物実験で実証されている。
不動により、筋内結合組織が増えることで、筋組織が繊維化すると伸張性は低下することとなる。
さらに長期の不動はコラーゲン線維の配列に変化が生じ、正常では組織長軸方向に縦走する線維が不動により長軸に対し横走するという報告もある。

また痛みなどで生じる筋スパズムはミオシンとアクチン間のクロスブリッジ形成が継続し虚血状態になり不動が生じる。

これは筋線維の短縮やコラーゲンの分子間の架橋の生成に繋がり、結果的に筋膜の伸張性低下へと発展していく。

実のところ、筋の伸張性低下の前に筋膜の伸張性が低下しているケースが非常に多いのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  2. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  3. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  4. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る