縫工筋は、身体で最も長い筋です。「仕立て屋」というラテン語が語源で、昔、仕立て屋がしばしば足を組んで仕事をしていたことからきています。

縫工筋のトリガーポイントは、局所的名痛みを起こします。痛みは上前腸骨棘から大腿前面に向かい膝内側に回り込む軌道上のどこでも起きる可能性があります。

それは、筋膜痛を代表するような痛みではなく、灼熱感またはヒリヒリする感覚が感じられます。

股関節を急に動かしたり、過伸展により、トリガーポイント周囲に鋭い痛みを生じます。

座位は、縫工筋を緩めるので一時的に緩和し筋緊張を持続するため、症状を悪化させます。立位は、筋緊張を持続するため、症状を悪化させます。

縫工筋のトリガーポイントは、活発に痛みを膝へ送りません。しかし膝内側は、圧に対して過敏になるため、膝を重ねおて横になると不快感を覚え、膝関節に何か問題があるのではないかという誤解につながります。

縫工筋による知覚神経の圧迫は、大腿外側の前面の皮膚に、表層の灼熱感、痺れ、痒み、ヒリヒリ感を生じます。これは、関連痛ではなく、神経に関連する直接的な影響です。これらの症状はしばしば「知覚異常性大腿神経痛」と呼ばれるが、脚に痺れと痛みがある、ということを大げさに言っているだけです。

しかしこれは正確な診断ではないのでこれらの症状がある場合、縫工筋のトリガーポイントを探すことをお勧めします。

縫工筋のトリガーポイントが形成される原因に、足を地に着けて突然、勢いよくひねる動きをしたり、脚をねじりながらの転倒や、脚を回旋したヨガポジションの維持、座位または睡眠中に脚を上げ続けるといったことがあります。

縫工筋を正常に保つには、異常に大股で歩行することや、異常な捻転運動はさけるべきです。

縫工筋は、それ自体ではめったに問題を起こしません。他に関与する筋である大腿直筋、内側広筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋、内転筋の影響を受けやすい筋です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  2. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  3. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  4. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  5. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
ページ上部へ戻る