副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。

副腎皮質からは、性ホルモンとその前駆物質である塩類調節ホルモンや、グルココルチコイドなどたくさんのステロイドホルモンが分泌されます。

コルチゾールやコルチゾンなどのグルココルチコイドは、エネルギー代謝を活性化する一方、タンパク質もエネルギー基質として分解してしまうカタボリックホルモンでもあります。

これらの分泌は、下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)によって刺激されます。

ACTHの分泌は上位にある視床下部の支配を受けており、基本的に交感神経や成長ホルモンの分泌活性化と同様の仕組みで活性化されます。

グルココルチコイドやACTHもストレスホルモンになります。

したがって、成長ホルモンなどのアナボリックホルモンの分泌を活性化するようなトレーニングや運動は同時に、グルココルチコイドの分泌も高めてしまう可能性を併せ持つといえます。

アナボリックホルモンの分泌量に対するグルココルチコイドの分泌量の割合が長期的に高まった状態は、オーバートレーニングの一症状となります。

トレーニングプログラムを立てる場合、アナボリックホルモンの分泌を十分に活性化させるトレーニングをしながらも、グルココルチコイドの過度な分泌を避けるよう、ピリオダイズされた長期的プログラムを立てることが重要となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
  2. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
  3. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  4. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
ページ上部へ戻る