副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。

副腎皮質からは、性ホルモンとその前駆物質である塩類調節ホルモンや、グルココルチコイドなどたくさんのステロイドホルモンが分泌されます。

コルチゾールやコルチゾンなどのグルココルチコイドは、エネルギー代謝を活性化する一方、タンパク質もエネルギー基質として分解してしまうカタボリックホルモンでもあります。

これらの分泌は、下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)によって刺激されます。

ACTHの分泌は上位にある視床下部の支配を受けており、基本的に交感神経や成長ホルモンの分泌活性化と同様の仕組みで活性化されます。

グルココルチコイドやACTHもストレスホルモンになります。

したがって、成長ホルモンなどのアナボリックホルモンの分泌を活性化するようなトレーニングや運動は同時に、グルココルチコイドの分泌も高めてしまう可能性を併せ持つといえます。

アナボリックホルモンの分泌量に対するグルココルチコイドの分泌量の割合が長期的に高まった状態は、オーバートレーニングの一症状となります。

トレーニングプログラムを立てる場合、アナボリックホルモンの分泌を十分に活性化させるトレーニングをしながらも、グルココルチコイドの過度な分泌を避けるよう、ピリオダイズされた長期的プログラムを立てることが重要となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  2. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  3. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  4. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  5. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
ページ上部へ戻る