姿勢習慣とは、安静および活動中に身体が姿勢をとる方法です。

姿勢という言葉は通常、脊柱を保つ方法として使われるが、脊柱以外も姿勢に関わりを持っています。

姿勢習慣は、スポーツや身体活動の場面で現れます。

不適切な姿勢から動作を始めれば、起こそうとする動作についていくために、あるいは動作を修正するために、脳は、身体のメカニクスに本来必要でない変化を起こすことで、そうした問題の埋め合わせをしようとする。

動きに重点を置いたシンプルなストレッチングやウォームアップによって、静止姿勢と同様に、姿勢の習慣が身体の動き方に影響を及ぼしていることがわかります。

身体活動習慣は動きの習慣のことです。

身体は、多くの異なる方法で動かすことが可能です。
効率的な方法もあれば、非効率的な方法もあります。

自然だと感じる動きでも正しく動けていないこともあります。
また、極端にぎこちなく感じる動きが実際に正しい動きの場合もあります。

自然に感じる動き方が最善な動き方であるとは限りません。

筋肉は原因なしに硬くなったり、くなったりすることはありません。
使われ方により硬くなっていくことはあります。
筋肉が硬ければ、その筋肉が狭い範囲で使われており、実施されている活動においてその筋肉が最大まで引き伸ばされていないことを示しています。

その結果、時間とともに短い状態の筋肉での動作パターンを身につけていくことになります。

脳が記憶しているのは筋肉が短い状態の姿勢で、筋肉は最も慣れ親しんだ、最もよく用いられる筋肉の長さへと戻っていきます。

それと同じ理論が、弱い筋肉にも当てはまります。
弱い筋肉とされるのは、日常の動作に関わっていない筋肉や使用避けている筋肉です。
過去に捻挫や打撲、腱炎などの傷害を負ったことがある筋肉は、ケガの後、傷めた筋肉を使わないように動作パターンが変化してしまいます。

筋肉が回復した後、そうした筋肉は全く使わない、または以前より使わなくなった形の動作パターンが形成されてしまいます。
身体はこの動作パターンに慣れていき、徐々に元の正常な状態に戻る必要性を感じなくなっていきます。

その為にも、正しい姿勢と動作パターンを維持していくことがとても重要となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    PC症候群

    通常、腰椎は軽く前弯している。この腰椎前弯には、骨盤傾斜が深く関係している。骨盤…
  2. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  3. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  4. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  5. 2015-10-13

    脊髄に内在する中枢パターン発生器 ーCentral pattern generatorー

    運動における大脳皮質の貢献は、運動出力の生成そのものに対してはさほど高くないと解釈するのが妥当とされ…
ページ上部へ戻る