内転勤は筋量が多く、筋膜トリガーポイントにより生じた角種筋緊張により非常に影響されやすいです。

内転勤はほとんどの人になじみのない部位であり、トリガーポイントはたいてい気づかれず治療もされないです。

内転勤のトリガーポイントは、頻繁に誤診される多くの気がかりな症状を引きをこします。

内転勤の上部にあるトリガーポイントの痛みは、股関節と骨盤深部で感じられるため、特別な懸念となります。

これらのトリガーポイントが女性に生じると、性交疼痛を起こし、直腸や膀胱の疾患、婦人科疾患という不安を招きます。

男性にこれら同じトリガーポイントがある場合、直腸、膀胱、前立腺の疾患か鼠径ヘルニアにかかっていると考えがちです。

アスリートやダンサー、体操選手の多くが経験する鼠径部の引きつりは、内転筋のトリガーポイントがげんいんです。

氷の上で偶然滑り、足が開いてしまった場合は、内転勤挫傷になる可能性が高いです。

これらの筋のトリガーポイントの痛みは、内転筋自体で感じられます。

時として、痛みは膝と下腿まで拡大します。

内転筋の主な機能は、脚を前に向かって動かし、交互に交差させる内転と呼ばれる動作を行うことです。

歩行や走行中に股関節を安定させるのを補助する重要な筋です。

内転筋のトリガーポイントは、車の乗り降りや大股で歩くなど無害に見える動作によって活性化することがあります。

内転勤のトリガーポイントは見つけにくく、特に鼠径部近くの深部は困難です。正常量の脂肪でさえも、筋との区別が難しいです。

この部位は誰かに処置してもらいたい人は少ないため、セルフケアを学ぶことをお勧めします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  2. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  3. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  4. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
ページ上部へ戻る