「活性酸素」って何?

体脂肪を燃やす際に酸素が必要なのは有名な話だが、酸素を体内で使うプロセスでは非常に厄介な活性酸素が生じる。
言葉だけなら「活性された酸素」なのだからカラダに良さ気な感じもするが、これは大きな間違いである。

活性酸素は少量である場合、細胞を元気にしたり外的に対する武器として活用されるが、大量の活性酸素は老化やがんの誘因となることがわかっている。

 

「活性酸素」とは簡単に言うと酸素に電子がくっついたものである。

酸素に電子が1つ余計につくと「スーパーオキシドラジカル」といわれる活性酸素が生じる。

この「スーパーオキシドラジカル」にさらに電子がくっつくと、「過酸化水素」、「過酸化水素」にもっと電子がつくと「ヒドロキシラジカル」という活性酸素になる。

このスーパーオキシドラジカル⇒過酸化水素⇒ヒドロキシラジカルと変化するにつれて、次第に毒性は強くなり、カラダを構成するたんぱく質や細胞を傷つけるのである。

 

この毒性と戦うには活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化の働きを高める必要がある。
元々ヒトのカラダには活性酸素を無毒化する働きが備わっているのだが、こうした抗酸化作用は加齢とともにダウンしてしまう。
そこでこうした抗酸化の働きを高めてくれる食事を紹介しよう。

抗酸化作用を期待する物質としては赤ワインなどに含まれるポリフェノールなどが有名である。
赤ワインを飲まなくても、緑黄色野菜や緑茶、大豆食品など抗酸化作用の強い食品はあるので積極的に摂取することが大切である。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  2. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  3. 2017-2-2

    身体を自在にデザインする

    食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。どこをシェ…
  4. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  5. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
ページ上部へ戻る