「活性酸素」って何?

体脂肪を燃やす際に酸素が必要なのは有名な話だが、酸素を体内で使うプロセスでは非常に厄介な活性酸素が生じる。
言葉だけなら「活性された酸素」なのだからカラダに良さ気な感じもするが、これは大きな間違いである。

活性酸素は少量である場合、細胞を元気にしたり外的に対する武器として活用されるが、大量の活性酸素は老化やがんの誘因となることがわかっている。

 

「活性酸素」とは簡単に言うと酸素に電子がくっついたものである。

酸素に電子が1つ余計につくと「スーパーオキシドラジカル」といわれる活性酸素が生じる。

この「スーパーオキシドラジカル」にさらに電子がくっつくと、「過酸化水素」、「過酸化水素」にもっと電子がつくと「ヒドロキシラジカル」という活性酸素になる。

このスーパーオキシドラジカル⇒過酸化水素⇒ヒドロキシラジカルと変化するにつれて、次第に毒性は強くなり、カラダを構成するたんぱく質や細胞を傷つけるのである。

 

この毒性と戦うには活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化の働きを高める必要がある。
元々ヒトのカラダには活性酸素を無毒化する働きが備わっているのだが、こうした抗酸化作用は加齢とともにダウンしてしまう。
そこでこうした抗酸化の働きを高めてくれる食事を紹介しよう。

抗酸化作用を期待する物質としては赤ワインなどに含まれるポリフェノールなどが有名である。
赤ワインを飲まなくても、緑黄色野菜や緑茶、大豆食品など抗酸化作用の強い食品はあるので積極的に摂取することが大切である。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  2. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  3. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  4. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  5. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
ページ上部へ戻る