体重が増えたのにやせた?

ダイエットをしていると、体重はさほど変わっていないのに、見た目が変わっていくことがよくあります。

それどころか、見た目とは逆に体重が増えてしまうこともあります。

これは、脂肪とそれ以外の組織、除脂肪の密度が関係しています。

基本的に体脂肪の密度は0.9g/cm3、除脂肪の密度は1.1g/cm3とされており、同じ体積ならば除脂肪の方が重くなります。

この違いがあるからこそ体脂肪は減り、体重が増えるという現象も起きるわけです。

この密度の違いは、逆に言えば、同じ重さでも大きさが違うと考えることができます。

同じ重さで考えると、除脂肪のほうがサイズが小さいため、体重が変わらず、見た目が変化するという現象が起こるのです。

ダイエットを始めて、体脂肪は減ったのに体重が増えたとか、見た目は変わったのに体重は変わってないということが起こるかもしれませんが、悪いことではありません。

体重の増減よりも、脂肪量と除脂肪量の関係を見ていきながらダイエットをするといいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  2. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  4. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  5. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
ページ上部へ戻る