体重が増えたのにやせた?

ダイエットをしていると、体重はさほど変わっていないのに、見た目が変わっていくことがよくあります。

それどころか、見た目とは逆に体重が増えてしまうこともあります。

これは、脂肪とそれ以外の組織、除脂肪の密度が関係しています。

基本的に体脂肪の密度は0.9g/cm3、除脂肪の密度は1.1g/cm3とされており、同じ体積ならば除脂肪の方が重くなります。

この違いがあるからこそ体脂肪は減り、体重が増えるという現象も起きるわけです。

この密度の違いは、逆に言えば、同じ重さでも大きさが違うと考えることができます。

同じ重さで考えると、除脂肪のほうがサイズが小さいため、体重が変わらず、見た目が変化するという現象が起こるのです。

ダイエットを始めて、体脂肪は減ったのに体重が増えたとか、見た目は変わったのに体重は変わってないということが起こるかもしれませんが、悪いことではありません。

体重の増減よりも、脂肪量と除脂肪量の関係を見ていきながらダイエットをするといいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  2. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  3. 2017-3-7

    関節にはたらく3種類のテコの原理

    筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォー…
  4. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  5. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
ページ上部へ戻る