肩の動きに関する筋は20ほどあります。身体の中では肩は負荷のかかる部分になるため、肩に関するすべての筋に緊張が加わります。

肩のトラブルはだいたい決まった過程を通ります。肩の筋が弱くなり、トリガーポイントによって機能に支障が出て、関連した筋がその機能を補わなくなります。

さらに負荷がかかることで、ドミノ倒しのように次々にトリガーポイントが形成され、やがて、全ての筋に支障がでます。

肩の筋に問題があるとちょっとした動作ができなくなります。背中をかいたり、髪をといたり、両手が必要なときは、調子のよいほうの腕で支障のある手を支えなくてはならないです。

慢性化した痛みは、眠りを妨げ、仕事の効率を落とします。進行すると、肩のトラブルは数ヶ月、時には数年も続きます。

このような症状の診断では通常、関節に焦点があてられます。(関節炎、滑液胞炎、腱炎、腱板損傷、癒着性関節炎)などと診断されがちです。

肩の痛みを肩関節に原因があると決めつけるのは間違いです。近くの筋のトリガーポイントが原因であることもよくあります。

そこで今回は回旋筋腱板を考えてみます。

回旋筋腱板には、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋があります。

棘上筋のトリガーポイントの痛みは、主として、肩外側の深部の痛みです。時には、上腕の外側から、前腕、手首へと痛みが広がることもあります。

腕を上げようとしただけでひどい痛みが走ります。腕を頭の上に上げるのはほとんど不可能に近いです。

棘下筋は肩の後方にあるにもかかわらず、そのトリガーポイントは、肩前部の痛みの原因の第1位です。

その痛みは通常、関節の深くに感じ二等筋にまで及ぶこともあります。

棘下筋に機能不全が生じた場合、たいてい他の回旋筋がその動きを補助しようとして収縮し、そこに負荷がかかりがちになります。

結果4つの回旋筋全てにトリガーポイントが形成されます。

小円筋の痛みのパターンは棘下筋のそれとは全く異なり、主に上腕との付着部の肩後部の限られた部分に発現します。

小円筋のトリガーポイントは、薬指、小指の厄介な痺れと疼きの原因ともなります。

肩甲下筋のトリガーポイントの主な症状は、肩の後ろの深部に覚えるひどい痛みです。

肩甲下筋にトリガーポイントができると、筋を伸ばすことができなくなり、肩の可動範囲や腕の回旋が制限されます。

肩関節をスムーズに自由に動かすためには、4つの回旋筋がバランスよく、秩序だって働かなくてはいけないのです。

一般に肩関節周囲炎などと呼ばれる症状は、実は、回旋筋のトリガーポイントをマッサージすることで治療することができるといわれています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  2. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  3. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  4. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  5. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
ページ上部へ戻る