肩の動きに関する筋は20ほどあります。身体の中では肩は負荷のかかる部分になるため、肩に関するすべての筋に緊張が加わります。

肩のトラブルはだいたい決まった過程を通ります。肩の筋が弱くなり、トリガーポイントによって機能に支障が出て、関連した筋がその機能を補わなくなります。

さらに負荷がかかることで、ドミノ倒しのように次々にトリガーポイントが形成され、やがて、全ての筋に支障がでます。

肩の筋に問題があるとちょっとした動作ができなくなります。背中をかいたり、髪をといたり、両手が必要なときは、調子のよいほうの腕で支障のある手を支えなくてはならないです。

慢性化した痛みは、眠りを妨げ、仕事の効率を落とします。進行すると、肩のトラブルは数ヶ月、時には数年も続きます。

このような症状の診断では通常、関節に焦点があてられます。(関節炎、滑液胞炎、腱炎、腱板損傷、癒着性関節炎)などと診断されがちです。

肩の痛みを肩関節に原因があると決めつけるのは間違いです。近くの筋のトリガーポイントが原因であることもよくあります。

そこで今回は回旋筋腱板を考えてみます。

回旋筋腱板には、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋があります。

棘上筋のトリガーポイントの痛みは、主として、肩外側の深部の痛みです。時には、上腕の外側から、前腕、手首へと痛みが広がることもあります。

腕を上げようとしただけでひどい痛みが走ります。腕を頭の上に上げるのはほとんど不可能に近いです。

棘下筋は肩の後方にあるにもかかわらず、そのトリガーポイントは、肩前部の痛みの原因の第1位です。

その痛みは通常、関節の深くに感じ二等筋にまで及ぶこともあります。

棘下筋に機能不全が生じた場合、たいてい他の回旋筋がその動きを補助しようとして収縮し、そこに負荷がかかりがちになります。

結果4つの回旋筋全てにトリガーポイントが形成されます。

小円筋の痛みのパターンは棘下筋のそれとは全く異なり、主に上腕との付着部の肩後部の限られた部分に発現します。

小円筋のトリガーポイントは、薬指、小指の厄介な痺れと疼きの原因ともなります。

肩甲下筋のトリガーポイントの主な症状は、肩の後ろの深部に覚えるひどい痛みです。

肩甲下筋にトリガーポイントができると、筋を伸ばすことができなくなり、肩の可動範囲や腕の回旋が制限されます。

肩関節をスムーズに自由に動かすためには、4つの回旋筋がバランスよく、秩序だって働かなくてはいけないのです。

一般に肩関節周囲炎などと呼ばれる症状は、実は、回旋筋のトリガーポイントをマッサージすることで治療することができるといわれています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2015-4-25

    約60兆個もある細胞とは

    人間は約60兆個の細胞からできています。生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と…
  3. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  4. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  5. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
ページ上部へ戻る