気・血・津液・精の変調を考える。

東洋医学では、気・血・津液・精が変調すると病気になるとされています。

まず、気の変調についてです。
気が変調した病気を「気病」といい、主な病気に気虚(ききょ)・気陥(きかん)・気滞(きたい)・気逆(きぎゃく)があります。

『気虚』→気が足りなくなった状態です。元気が減ってくると倦怠感や無力感が強くなり、抵抗力が弱まって病気にかかりやすくなります。宗気が不足すると、息切れがしたり声に力がなく、ぼそぼそと喋る懶言(らんげん)という症状でます。また、気の作用にも影響がでます。推動作用が低下すると、血を押し進める力が弱くなるので、肌の赤みが消え、力のない脈となります。固摂作用が低下すると、何もしていなくても汗が出る自汗(じかん)という症状が現れたり、睡眠中によだれが出てしまったりします。

『気陥』→気には、からだのなかの臓器や血・津液などを持ち上げる働きもあります。気が不足して、持ち上げる力がなくなった状態を気陥といいます。気陥では胃下垂や下痢がみられるとされてます。

『気滞』→気が滞っている状態です。症状の特徴のひとつに脹痛があり、張って痛い状態です。痛さが強くなったり、痛む場所があちこち動くという特徴があります。

『気逆』→気が降りてこなくなった状態です。イライラして興奮しやすくなったり、ぜんそくや咳などの呼吸症状がでます。

 

次は、血の変調です。
血が変調すると血病になります。血病には、血虚(けっきょ)・血熱(けつねつ)・血寒(けっかん)・血瘀(けつお)があります。

『血虚』→血が不足した状態です。血が足りないと、全身の栄養が足りなくなってきます。顔色・舌・唇から赤みがなくなり、めまいも起こりやすくなります。

『血熱・血寒』→体内にこもった熱が血にうつり、血が熱くなったなった状態です。血行が異常に速くなって、脈管(血脈)が破れてあちこちで出血を起こします。血寒は、反対に血が冷えすぎて血の動きが悪くなった状態です。

『血瘀』→血熱では血が粘ってき、血寒では血の動きが悪くなりますので、どちらの状態でも血が停滞するといわれています。停滞してドロドロになった血を瘀血(おけつ)といい、瘀血ができた状態が血瘀です。血瘀になると、いつも同じところが一定の強さで刺すように痛み、そこを押さえるとより嫌な感じになります。これを拒按(きょあん)といいます。反対に楽になるのは喜按(きあん)といい、血瘀の症状ではありません。

 

続いて、津液の変調です。
津液の変調には、不足と停滞があります。

『津液の不足』→全身が乾いてきて、肌や髪がかさかさしてきます。口のなかやのどが乾くため、声を出しにくくなります。

『津液の停滞(湿と痰)』→津液の流れがからだのどこかで滞ると、ねっとりした湿(しつ)になります。湿ができると、むくみがでるとされます。湿が増えて集まって、粘りができたものを痰(たん)といいます。痰が肺やのどにあると、咳などの呼吸器の症状がでます。

 

最後に精の変調です。
精の変調は、精の不足です。

『精の不足』→水穀の精微(飲食物)からの生成が十分ではなかったり、五臓のうち腎の調子が悪かったりすると、精が不足します。精の不足で起きる変調が腎精不足です。腎精不足では、腎の機能に障害が現れたり、腎と強く関係するからだの部位に影響がでます。まず、全身の倦怠感。特に足腰のだるさを感じます。腎と強くかかわる髪や歯が抜けたり、耳の聞こえが悪くなったり、足元がおぼつかない、物忘れが増えるなどの老化現象が見られることもあります。尿や便などが漏れるようにもなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  2. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  3. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  4. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  5. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
ページ上部へ戻る