気・血・津液・精の変調を考える。

東洋医学では、気・血・津液・精が変調すると病気になるとされています。

まず、気の変調についてです。
気が変調した病気を「気病」といい、主な病気に気虚(ききょ)・気陥(きかん)・気滞(きたい)・気逆(きぎゃく)があります。

『気虚』→気が足りなくなった状態です。元気が減ってくると倦怠感や無力感が強くなり、抵抗力が弱まって病気にかかりやすくなります。宗気が不足すると、息切れがしたり声に力がなく、ぼそぼそと喋る懶言(らんげん)という症状でます。また、気の作用にも影響がでます。推動作用が低下すると、血を押し進める力が弱くなるので、肌の赤みが消え、力のない脈となります。固摂作用が低下すると、何もしていなくても汗が出る自汗(じかん)という症状が現れたり、睡眠中によだれが出てしまったりします。

『気陥』→気には、からだのなかの臓器や血・津液などを持ち上げる働きもあります。気が不足して、持ち上げる力がなくなった状態を気陥といいます。気陥では胃下垂や下痢がみられるとされてます。

『気滞』→気が滞っている状態です。症状の特徴のひとつに脹痛があり、張って痛い状態です。痛さが強くなったり、痛む場所があちこち動くという特徴があります。

『気逆』→気が降りてこなくなった状態です。イライラして興奮しやすくなったり、ぜんそくや咳などの呼吸症状がでます。

 

次は、血の変調です。
血が変調すると血病になります。血病には、血虚(けっきょ)・血熱(けつねつ)・血寒(けっかん)・血瘀(けつお)があります。

『血虚』→血が不足した状態です。血が足りないと、全身の栄養が足りなくなってきます。顔色・舌・唇から赤みがなくなり、めまいも起こりやすくなります。

『血熱・血寒』→体内にこもった熱が血にうつり、血が熱くなったなった状態です。血行が異常に速くなって、脈管(血脈)が破れてあちこちで出血を起こします。血寒は、反対に血が冷えすぎて血の動きが悪くなった状態です。

『血瘀』→血熱では血が粘ってき、血寒では血の動きが悪くなりますので、どちらの状態でも血が停滞するといわれています。停滞してドロドロになった血を瘀血(おけつ)といい、瘀血ができた状態が血瘀です。血瘀になると、いつも同じところが一定の強さで刺すように痛み、そこを押さえるとより嫌な感じになります。これを拒按(きょあん)といいます。反対に楽になるのは喜按(きあん)といい、血瘀の症状ではありません。

 

続いて、津液の変調です。
津液の変調には、不足と停滞があります。

『津液の不足』→全身が乾いてきて、肌や髪がかさかさしてきます。口のなかやのどが乾くため、声を出しにくくなります。

『津液の停滞(湿と痰)』→津液の流れがからだのどこかで滞ると、ねっとりした湿(しつ)になります。湿ができると、むくみがでるとされます。湿が増えて集まって、粘りができたものを痰(たん)といいます。痰が肺やのどにあると、咳などの呼吸器の症状がでます。

 

最後に精の変調です。
精の変調は、精の不足です。

『精の不足』→水穀の精微(飲食物)からの生成が十分ではなかったり、五臓のうち腎の調子が悪かったりすると、精が不足します。精の不足で起きる変調が腎精不足です。腎精不足では、腎の機能に障害が現れたり、腎と強く関係するからだの部位に影響がでます。まず、全身の倦怠感。特に足腰のだるさを感じます。腎と強くかかわる髪や歯が抜けたり、耳の聞こえが悪くなったり、足元がおぼつかない、物忘れが増えるなどの老化現象が見られることもあります。尿や便などが漏れるようにもなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  2. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  3. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  4. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  5. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
ページ上部へ戻る