肩、上背部、上腕部に痛みを引き起こす筋は、斜角筋、肩甲骨を支える筋、回旋筋腱板、上腕筋、脊柱筋の5つに分けられます。

中でも斜角筋は首の筋肉だが、この筋のトリガーポイントは、肩、上背部、上腕部の極度の痛みの原因となり、前腕と手の痛みやその他の症状を引き起こす主因となっています。これらの痛みを解決するにあたっては、最初にチェックすべき重要な筋です。

斜角筋は、不等辺三角形のように全て長さが違っていて、それぞれの筋は分岐していくつかの椎骨に付着し、その結果、筋線維は様々な長さになります。

トリガーポイントは、通常、筋線維の途中に形成されるので、斜角筋には様々な部位に多くのトリガーポイントが存在することになります。

斜角筋のトリガーポイントは、胸部、上背部、肩、腕、手、と驚くほど広い範囲に痛みや痺れを生じすることもあります。

しかし、影響を与える部位がある程度決まっています。

例えば、中斜角筋、後斜角筋の下部のトリガーポイントは、往々にして胸の痛みの原因となり、中斜角筋、前斜角筋の上部のトリガーポイントは、上腕と肩の痛みの原因となることが多いです。

そもそも斜角筋は胸鎖乳突筋の奥に隠れているため、痛みの原因であるとは気づかれにくいです部位でもります。

肩や首の不具合は斜角筋のトリガーポイントの典型的な兆候ですが、神経性痙攣として片付けられることが多いです。

さらに、斜角筋から胸部へと送られた関連痛は、狭心症と間違えられ、肩に送られた痛みには、滑液包炎や腱炎といった診断名をつけられることがあります。

トリガーポイントにより斜角筋が短縮すると、いわゆる絞扼性神経障害といわれる、腕や手の痛み、腫れ、痺れ、チクチクした痛み、灼熱感を引き起こします。

また、腕を切断した際の「幻肢痛」は、実際には斜角筋のトリガーポイントに起因している可能性もあります。

しかし、こういった原因がなかなか突き止められない症状も頸部の斜角筋から派生したものだとわかれば、シンプルで早急な解決策を得ることができます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  5. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
ページ上部へ戻る