肩、上背部、上腕部に痛みを引き起こす筋は、斜角筋、肩甲骨を支える筋、回旋筋腱板、上腕筋、脊柱筋の5つに分けられます。

中でも斜角筋は首の筋肉だが、この筋のトリガーポイントは、肩、上背部、上腕部の極度の痛みの原因となり、前腕と手の痛みやその他の症状を引き起こす主因となっています。これらの痛みを解決するにあたっては、最初にチェックすべき重要な筋です。

斜角筋は、不等辺三角形のように全て長さが違っていて、それぞれの筋は分岐していくつかの椎骨に付着し、その結果、筋線維は様々な長さになります。

トリガーポイントは、通常、筋線維の途中に形成されるので、斜角筋には様々な部位に多くのトリガーポイントが存在することになります。

斜角筋のトリガーポイントは、胸部、上背部、肩、腕、手、と驚くほど広い範囲に痛みや痺れを生じすることもあります。

しかし、影響を与える部位がある程度決まっています。

例えば、中斜角筋、後斜角筋の下部のトリガーポイントは、往々にして胸の痛みの原因となり、中斜角筋、前斜角筋の上部のトリガーポイントは、上腕と肩の痛みの原因となることが多いです。

そもそも斜角筋は胸鎖乳突筋の奥に隠れているため、痛みの原因であるとは気づかれにくいです部位でもります。

肩や首の不具合は斜角筋のトリガーポイントの典型的な兆候ですが、神経性痙攣として片付けられることが多いです。

さらに、斜角筋から胸部へと送られた関連痛は、狭心症と間違えられ、肩に送られた痛みには、滑液包炎や腱炎といった診断名をつけられることがあります。

トリガーポイントにより斜角筋が短縮すると、いわゆる絞扼性神経障害といわれる、腕や手の痛み、腫れ、痺れ、チクチクした痛み、灼熱感を引き起こします。

また、腕を切断した際の「幻肢痛」は、実際には斜角筋のトリガーポイントに起因している可能性もあります。

しかし、こういった原因がなかなか突き止められない症状も頸部の斜角筋から派生したものだとわかれば、シンプルで早急な解決策を得ることができます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  2. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
  3. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  4. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  5. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
ページ上部へ戻る