最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。

中には医学的根拠がなく、むしろ体にとって害になると思われる痩身法もあります。

野生動物は必要なだけの摂食をしますが、人間の摂食行動は、嗜好や自己の価値観、心理的・社会的要因が関係し、ときには必要以上の摂食をすることで肥満になったり、またときには健康の維持に必要な摂食をしなくなる、いわゆる拒食に陥ることが知られています。

このような傾向が極端な場合、摂食行動異常といいます。

摂食行動異常の原因の1つに摂食行動パターンの異常があります。

肥満者は一般に食物摂取量が多く、摂食回数も多い傾向にあります。

1回の食事だけを大食したり、夜食の習慣があったりと、絶対的過食の傾向にあります。

また様々な心理的ストレス条件下におかれると、代理行動として過食を求めることがあります。

人は嫌なことやストレスがあると食べて忘れようとすることがありますが、食べることによりエンドルフィンなどの神経伝達物質が分泌され、そういった不安感が和らげられるからになります。

この場合、空腹であるから食べるのではなく、嫌なことやストレスから逃れるための摂食であるため、満腹感は生じません。

この状態を代理摂食と言いますが、この代理摂食を改善するには摂食行動そのものよりも代理摂食を作りだした環境を改善するほかなりません。

食べ過ぎは肥満のもとと言いますが、食べ過ぎを起こしている環境を改善するのがまず先決ではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  5. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
ページ上部へ戻る