最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。

中には医学的根拠がなく、むしろ体にとって害になると思われる痩身法もあります。

野生動物は必要なだけの摂食をしますが、人間の摂食行動は、嗜好や自己の価値観、心理的・社会的要因が関係し、ときには必要以上の摂食をすることで肥満になったり、またときには健康の維持に必要な摂食をしなくなる、いわゆる拒食に陥ることが知られています。

このような傾向が極端な場合、摂食行動異常といいます。

摂食行動異常の原因の1つに摂食行動パターンの異常があります。

肥満者は一般に食物摂取量が多く、摂食回数も多い傾向にあります。

1回の食事だけを大食したり、夜食の習慣があったりと、絶対的過食の傾向にあります。

また様々な心理的ストレス条件下におかれると、代理行動として過食を求めることがあります。

人は嫌なことやストレスがあると食べて忘れようとすることがありますが、食べることによりエンドルフィンなどの神経伝達物質が分泌され、そういった不安感が和らげられるからになります。

この場合、空腹であるから食べるのではなく、嫌なことやストレスから逃れるための摂食であるため、満腹感は生じません。

この状態を代理摂食と言いますが、この代理摂食を改善するには摂食行動そのものよりも代理摂食を作りだした環境を改善するほかなりません。

食べ過ぎは肥満のもとと言いますが、食べ過ぎを起こしている環境を改善するのがまず先決ではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  2. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  3. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  4. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  5. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
ページ上部へ戻る