最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られるようになりました。

マウスピースを着けることによって口内の外傷予防であったり、脳への衝撃の軽減が期待できるのですが、パフォーマンスにはどのような影響をもたらすのかについてお話します。
かの有名なマイケルジョーダンは、ダンクシュートを打つとき舌を突き出していましたが、これは非常に良いことだと考えられています。

多くの人はここぞという場面で強く歯を食いしばろうとしますが、ジョーダンのように運動中に舌を突き出すと、必然的にあごが下がり、顔の筋肉を弛緩させられます。

これと同じような効果がマウスピースでも起こると考える研究者も多いようです。

マウスピースを着けることで、あごや顔の筋肉をリラックスさせることが出来るというのです。
古代ギリシャのアスリートやローマの戦士は、競技や闘いに挑むとき、革ひもを噛んでいたといいます。

このことから、あごの位置が身体の他の部分に影響を与えるという考え方は古くから存在していたということが分かります。

麻酔のなかった南北戦争時代、兵士たちは手術中の痛みに耐えるために弾丸を噛みしめたといいます。

最近では、スローモーション映像から見るに、短距離走者の多くが顔の筋肉をリラックスさせて走っているような印象を受けます。
しかし、それがどういうメカニズムでパフォーマンスの向上につながるのかは不確定でさまざまな理論で説明が試みられているのが現状です。

今現在では、マウスピースの効果についてはっきりとした結論を出すことは難しいですが、あごの位置と身体のパフォーマンスには関連性があることを示唆する証拠はたくさん見つかっています。

少なくとも、自分にしっかりフィットするマウスピースであればマイナスの影響を与えることはなさそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
  2. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  3. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  4. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  5. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
ページ上部へ戻る