頭部、顔面、顎関節には主に咬筋と側頭筋の2つの咀嚼筋があります。

この2つの筋のトリガーポイントは、僧帽筋や胸鎖乳突筋のトリガーポイントと同様、顎関節症をはじめとして、頭部、顔面、顎関節の多くの痛みの原因となります。

顎関節の筋のトリガーポイントは、ガムの噛み過ぎ、虫歯、膿瘍、夜間の歯ぎしりなど、様々な原因で起こります。

また、歯の治療は往々にして患者の顎関節の筋を緊張あるいは疲労させ、トリガーポイントの原因になります。

精神的緊張、口呼吸、うつむいた姿勢も、習慣的に顎関節の筋を緊張させ、トリガーポイントを形成します。

むちうち症、転倒、その他の身体的緊張に起因する胸鎖乳突筋、僧帽筋のトリガーポイントは、頭部、顔面、顎関節もトリガーポイントを誘発する傾向にあります。

咬筋は顎関節の力を生む筋で、咬む時に大きな力を発揮します。咬筋のトリガーポイントはいくつかの場所に痛みを生じさせます。

顎関節症の痛みの原因としては、耳のすぐ前の深部組織にあるトリガーポイントが特に重要です。

咬筋のトリガーポイントによって筋は緊張し、ひどくなると口を十分に開くことも難しくなります。

そうして顎関節が硬くなると発声をつかさどる部分も硬化します。

このトリガーポイントは上下両方の歯に痛みを送ります。熱、冷却、触れることに対する知覚過敏の原因にもなっています。

これらの症状が正しく判断されないと、不要な抜歯などの歯科治療を受ける羽目なります。

さらに、目の下のくまの原因の一つでもあります。耳の奥の痛み、耳閉感、耳鳴りを引き起こします。

想像もつかないかもしれませんが耳の内部にひどいかゆみを生じさせます。

セルフマッサージ治療としては、補助を添えた指を使って口の外から行うのが効果的です。

しかし、最上の効果を期待するなら、母指を口の中に入れ、母指と他の指で筋をこねるようにマッサージします。

顎の筋のトラブルを防ぐために長期的にできることは、ガムを噛む、爪を噛む、氷をかじる、歯で物を開けるなどの動作を避けること、緊張やプレッシャーを感じたときに歯を食いしばる癖をやめることなど普段の何気ない行為がトラブルの原因となっているということを認識して生活することが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  2. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  5. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
ページ上部へ戻る