代謝異常によるトリガーポイント形成

ホルモンの平衡異常による筋の代謝の阻害などは、トリガーポイントの除去を難しくします。

例えば、甲状腺の異常、低血糖、貧血、血中の尿酸値の高さ(尿酸血症)などは注意すべき症状です。

ニコチン、カフェイン、アルコールは代謝を不規則にし、トリガーポイントを非活性化するのを防ぎます。

甲状腺からの分泌物が減ると筋の興奮性が増し、トリガーポイントができやすくなります。

甲状腺機能不全症の場合、トリガーポイント治療による症状緩和も一時的なものになりがちです。

甲状腺機能低下の典型的な症状としては、筋の痙攣、筋力低下、硬化、痛みがあります。

また、慢性疲労、寒冷不耐性、乾燥肌、月経異常などの症状も発現したり、体重が減少します。

甲状腺ホルモンの不足は、線維筋痛症にも大きく影響します。甲状腺から分泌するリチウムの量が減ると、それを補うためのエストロゲンが増加します。

間接的にではあるけれど、リチウムはトリガーポイントを悪化させ、エストロゲンは改善します。

さらに、低血糖症に伴う頻発性の発作は、トリガーポイントを悪化させ、トリガーポイント治療の効果を減らす傾向にあります。

低血糖症になると、動悸、発汗、震え、不安感などが発症します。さらにひどい発作の場合、視覚障害、情緒不安、思考障害、発話障害、失神することもあります。

精神的苦痛は、低血糖症を引き起こしやすくなります。カフェインとニコチンはアドレナリンの分泌を増やし症状を悪化させます。アルコールも避けるべきです。

尿酸血症もトリガーポイントを悪化させる要因です。ひどくなると痛風(関節部に尿酸結晶が沈着する症状)を発症します。

お肉の過剰摂取や水分不足は尿酸血症を悪化させやすいです。

このような代謝異常のもとでもトリガーポイントは形成されてしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
  2. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  3. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  4. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  5. 2015-9-4

    コアスタビリティトレーニングとは

    多くの選手がコアスタビリティトレーニングと呼ばれる腹横筋の活性化を強調したトレーニングを行っていると…
ページ上部へ戻る