代謝異常によるトリガーポイント形成

ホルモンの平衡異常による筋の代謝の阻害などは、トリガーポイントの除去を難しくします。

例えば、甲状腺の異常、低血糖、貧血、血中の尿酸値の高さ(尿酸血症)などは注意すべき症状です。

ニコチン、カフェイン、アルコールは代謝を不規則にし、トリガーポイントを非活性化するのを防ぎます。

甲状腺からの分泌物が減ると筋の興奮性が増し、トリガーポイントができやすくなります。

甲状腺機能不全症の場合、トリガーポイント治療による症状緩和も一時的なものになりがちです。

甲状腺機能低下の典型的な症状としては、筋の痙攣、筋力低下、硬化、痛みがあります。

また、慢性疲労、寒冷不耐性、乾燥肌、月経異常などの症状も発現したり、体重が減少します。

甲状腺ホルモンの不足は、線維筋痛症にも大きく影響します。甲状腺から分泌するリチウムの量が減ると、それを補うためのエストロゲンが増加します。

間接的にではあるけれど、リチウムはトリガーポイントを悪化させ、エストロゲンは改善します。

さらに、低血糖症に伴う頻発性の発作は、トリガーポイントを悪化させ、トリガーポイント治療の効果を減らす傾向にあります。

低血糖症になると、動悸、発汗、震え、不安感などが発症します。さらにひどい発作の場合、視覚障害、情緒不安、思考障害、発話障害、失神することもあります。

精神的苦痛は、低血糖症を引き起こしやすくなります。カフェインとニコチンはアドレナリンの分泌を増やし症状を悪化させます。アルコールも避けるべきです。

尿酸血症もトリガーポイントを悪化させる要因です。ひどくなると痛風(関節部に尿酸結晶が沈着する症状)を発症します。

お肉の過剰摂取や水分不足は尿酸血症を悪化させやすいです。

このような代謝異常のもとでもトリガーポイントは形成されてしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  3. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
ページ上部へ戻る