トリガーポイントを直接処置する最も安全で効果の高い治療法として、ディープ・ストローク・マッサージという方法があります。

注射やストレッチよりも明確な効果があり、また、筋付着部に対するリスクも少ないです。このマッサージは注射と同様にトリガーポイントに対して直接処置ができ、しかも、血管や神経周辺など、注射ではリスクが高い場所に対しても行える、より優れた治療法だといえます。

一般的に、マッサージ治療を実践するということは、トリガーポイントを特定の秒数、あるいは「消失した」と感じるまで押し続けることを意味します。これは虚血性圧迫として知られている方法です。文字どおり、組織から血液を絞り出します。

ただこの方法の問題点は、不要な痛みを伴うことです。

ディープ・ストローク・マッサージは、トリガーポイントの結節の上を何回かストロークすることで、トリガーポイントの不快な痛みや皮膚や筋を傷つける危険を軽減し、さらにストロークを繰り返すことによって得られるトリガーポイントの変化は、虚血性圧迫によるものよりもはるかに大きいです。

トリガーポイントを圧迫するという考え方は正しいでが、ミルキング・アクションを繰り返すことのほうがより血液やリンパ液の流れがよくなります。

さらに、短いストロークを何度も繰り返す方法が、1点持続圧迫するのに比べて優れているもう一つの理由は、断続的な痛みは持続的な痛みに比べて耐えやすいということです。断続的に圧力を加えていく動きは、ただトリガーポイントを押し続けるときよりも深部に効き、しかも治療時の痛みは少ないです。

深くゆっくりと、短いストロークで行い、1秒間に1ストローク以内にとどめ、1回のストロークは、4cm以内でトリガーポイントを横切るように指を動かします。皮膚上で指を滑らすというよりも、指で皮膚を動かす感覚です。

この動きによって、その下の筋膜を緩めることができます。指を離すたびに新鮮な血液が流れ込み、酸素と栄養の供給が行われます。

トリガーポイントがあると、硬直した筋線維がこれらを運ぶ毛細血管を圧迫するため、これらの必要な物質がなかなか供給されないのです。

それともう1つディープ・ストローク・マッサージには、トリガーポイント内の筋線維をストレッチできるという利点もあります。

このストレッチを、通常の筋全体を伸ばすマクロストレッチに対して、ミクロストレッチと呼びます。つまりストレッチが必要な部位にのみ直接作用します。

この方法なら、オーバーストレッチによってトリガーポイントの両側から骨との付着部まで伸びている筋線維の索状硬結を伸ばしすぎることも少なくなります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  2. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  5. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
ページ上部へ戻る