骨の先天異常、姿勢によるストレス、職務上の悪習慣、反復性のストレス、運動不足などがあると、トリガーポイントは消失しにくくなります。

左右の脚の長さが違うこと、骨盤のアンバランス、短い上腕などは、ある筋群に持続的な緊張状態を強いるため、常に代償作用が働きます。左右の脚の長さは両足、臀部、背中、頸部にトリガーポイントを生じさせ、持続させます。

時として、身体の片側が、他方より小さいときがあります。このような場合、その側の骨盤が小さく、座っているときに骨が傾くことが多いです。そうなると脊柱が不自然にカーブし、腰方形筋をはじめとする背中の筋に過剰な負担がかかります。その影響は、首の斜角筋や胸鎖乳突筋にまで及びます。脚を組むときにどちらが上か決まっている人は、骨盤が対称でない可能性があります。分厚い財布をお尻のポケットに入れる癖も、同様に、骨盤をゆがめ、慢性の負担をかけます。

ソファ、椅子、車のバケットシートなど、姿勢に関するものに身体を適切に支える機能が欠如していると、筋を緊張させ、トリガーポイントの誘発および持続の原因となります。ただ、緊張状態に慣れてしまって気づかないこともままあります。

反復動作は、たとえそれほどの労力を必要としなくても筋に負担をかけます。力を要する反復動作のほうが、筋の疲労を感じやすい分、むしろ健康的といえます。一見、力の要らないような事務作業は、気づかないうちに大小の筋に影響を与えています。

筋は、動かさず休止した状態にしておくと、硬く弱くなっていきます。常に緊張し収縮状態になっている筋に気づくために有効な方法は、自分の座り方、立ち方、動き方の検証や、仕事中上腕や脚部が窮屈な状態になっていないか、長時間、頭部を同じ角度に傾けてないかチェックすることが大事です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  2. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  3. 2015-4-13

    糖化とはなにか

    からだにとって大切なエネルギー源である糖質ですが、必要以上にとり過ぎてしまうと、余った糖質(ぶどう糖…
  4. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  5. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
ページ上部へ戻る