骨の先天異常、姿勢によるストレス、職務上の悪習慣、反復性のストレス、運動不足などがあると、トリガーポイントは消失しにくくなります。

左右の脚の長さが違うこと、骨盤のアンバランス、短い上腕などは、ある筋群に持続的な緊張状態を強いるため、常に代償作用が働きます。左右の脚の長さは両足、臀部、背中、頸部にトリガーポイントを生じさせ、持続させます。

時として、身体の片側が、他方より小さいときがあります。このような場合、その側の骨盤が小さく、座っているときに骨が傾くことが多いです。そうなると脊柱が不自然にカーブし、腰方形筋をはじめとする背中の筋に過剰な負担がかかります。その影響は、首の斜角筋や胸鎖乳突筋にまで及びます。脚を組むときにどちらが上か決まっている人は、骨盤が対称でない可能性があります。分厚い財布をお尻のポケットに入れる癖も、同様に、骨盤をゆがめ、慢性の負担をかけます。

ソファ、椅子、車のバケットシートなど、姿勢に関するものに身体を適切に支える機能が欠如していると、筋を緊張させ、トリガーポイントの誘発および持続の原因となります。ただ、緊張状態に慣れてしまって気づかないこともままあります。

反復動作は、たとえそれほどの労力を必要としなくても筋に負担をかけます。力を要する反復動作のほうが、筋の疲労を感じやすい分、むしろ健康的といえます。一見、力の要らないような事務作業は、気づかないうちに大小の筋に影響を与えています。

筋は、動かさず休止した状態にしておくと、硬く弱くなっていきます。常に緊張し収縮状態になっている筋に気づくために有効な方法は、自分の座り方、立ち方、動き方の検証や、仕事中上腕や脚部が窮屈な状態になっていないか、長時間、頭部を同じ角度に傾けてないかチェックすることが大事です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  3. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
ページ上部へ戻る