トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違います。

より効果を高めるためにはそれらの特徴をよく理解しておかなければなりません。

トレーニング方法の代表的なものに自体重トレーニング・フリーウェイトトレーニング・マシントレーニングがあります。

自体重は自分の体重を負荷にするトレーニング方法です。

自体重の一番のメリットといえば、やはりどこでもいつでも行なえることではないでしょうか。

自体重トレーニングをする上で気をつけなければならないのは、行なうフォームによって負荷が逃げてしまうということです。

正しいフォームで筋に適切な負荷を掛けることができれば、その効果は十分に期待できます。

フリーウェイトは、主にダンベルやバーベルを用いたトレーニングのことを指します。

負荷を段階的に大きくしていけるので、筋の成長にあわせた負荷設定が容易に行なえます。

フリーウェイトトレーニングでは、軌道を自分で作っていかなければならないため、筋活動量が高まり、より大きな効果を生み出します。

その反面、こちらも正しい動作で行なわなければトレーニング効果は小さくなってしまいます。

意外に思われがちですが、やり方によっては筋のストレッチ効果も期待でき、姿勢の安定が重要なため、体幹の強化も図ることができます。

マシンは、フリーウェイトとは反対に、安定した軌道でトレーニングを行なうことができます。

決められた姿勢を取り、決められたように関節を屈伸させれば、あとはマシンが適切な動きへと誘導してくれます。

安全性も高く、トレーニング未経験者や初心者にもピッタリの方法といえます。

フリーウェイトが多くの関節を動かしてトレーニングするのに適しているのに対して、マシンは単関節運動で狙った部位をピンポイントに鍛えるのに適しています。

多くの場合、ジムに行かなければならないというのがデメリットになります。

理想的なトレーニングのためには、これらの方法をうまく組み合わせることが重要です。

好みの組み合わせを見つけて長く続けていけるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  2. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  3. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  4. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  5. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
ページ上部へ戻る